Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
雑貨屋。
3.jpg


 早速、fireworksという画像編集ソフトの練習中である。 写真は、その試作品。

 デザイン関係の書籍を買いに、東京の丸善まで。 帰り、有楽町まで歩く。 このルートを取るときは、いつも、東京国際フォーラムを通る。 この建物、設計した人は、いったいどんな人なのだろう。 いつ見ても、そう思う。
 
 写真のart forumという雑貨屋は、東京国際フォーラムの中にある雑貨屋である。 面白いものがいろいろ置いてある。 期間ごとに変わる展示室もある。 今日は、店内の展示場にろくろが置いてあって、それに5メートルほどの棒がつけられて回っていた。 商品のタイトルは、「ろくろは、回して遊ぶもの」。 おお、作品だったのか。 新手の健康器具かと思った。 これは、写真撮影を許してもらえなかった。

 となりのカフェも、なかなかいい雰囲気。 しかも、コーヒーが250円と、このつくりのお店にしては、安い。 イベントがあるときは大混雑であるが、そうでない時は、かなりゆったりできる。 本を買った後に喫茶店に入って、その本をパラパラと見るのが無性に好きである。 今日も例に漏れずそうした。


 雑貨屋が好きである。 小学生の頃から今まで、雑貨屋に行くたびに感じるあのワクワク感は変わらない。 いつ行っても、目を楽しませてくれるし、頭の中のどこかが触発される感じがする。 老後にでも、こういった雑貨屋を経営出来たらいいと思う。 さながら、「耳を澄ませば」に出てくるお爺さんのように。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。