Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
私の知的生産の技術。
本腰を入れて読む専門書は、ノートを取っている。 ノートの取り方も、これまで色々やってきた。 現在のやり方をする前には、もっぱらウィンドウズのワードの色々な機能を駆使したノート作成であった。 
 パソコンでのノート作成には、難点がある。 
 それは、論理の展開が上から下へしか流せないことである。 それでもある程度の体系だてた理解は可能だが、やはり、現在やっている方法には劣る。
 
 以下の写真が、今の自分のノートの取り方。
20050823012244.jpg


 一章ごとに一枚ずつノートを取る。 紙は、A3サイズのものを使用。 大手家電量販店で売っている。
 
 紙の真ん中に、その章のタイトルを書く。 そして、それから枝分かれするように、各節ごとに延ばして行き、そして、それは必要によりさらに分かれていく。 
 パソコンでの記述のような上から下への論理展開が必要な場合は四角で区切って、その中に書き込む。
 
 一章をライン引きしながら読みきり、その後に、このノートをすぐに作成する。 そして、次の日に、人に教えるつもりになって声に出してその内容を説明する。その時に、マーカーでノートに線を引く。 これで、復習の基本、三回読書を終了させる。 読み終わったA3の紙は四つ折にして本のカバーと本体の間に挟む(普通の専門書のサイズなら可能)。 知識の定着度が全然違う。
 
 この一見子供の書いた地図のようなノートの取り方の効能は次のようなものだと思う:
 ・本の情報の内容の根幹ほどしっかりと頭に入るようになる。 これは、膨大な量のものを学ぶ時にとても重要。
 ・それぞれの概念の間の関係をビジュアルで理解することが出来る。
 ・右脳を使うノートの取り方なので、書きながらひらめきやすくなる。
 ・A3という限られた枠の中なので、最も重要な情報を抽出しようという意識が強くなり、要約能力が身につく。 自分はタイピングは書くのの3倍くらい早いので、パソコンだとついつい蛇足をしてしまっていた。
 ・上のことから、当然ながらコンパクト。 580ページの専門書籍が、9枚のA3の紙にまとまっている。
 
 ちなみに、これは、古くはダヴィンチやらがとっていたノート法で、現在の企業などでは主にアイディアを生み出す際に用いているという。 専門書籍のノート作成にも応用できると思い、やっている。 ちなみに、講義を聞く際にも、これは活用されている。 今の自分の講義ノートは、スケッチブックである。

 今のノウハウを、大学一年生の頃の自分に教えてあげたいものである。 けれど、自分で見つけなければ、多分まじめに取り組まないと思うので、無駄かな。 ちゅう、参考にしてみてくれ。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。