Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ミルコvsヒョードル。
池袋のとあるジムで、自分はウォーミングアップをしていた。 
 試合が近い友達のスパーリングに付き合うためだ。

 その相手は、PRIDEの選手、クロアチアのミルコ・クロコップ。
 
 強い。 プレッシャーが半端じゃない。 左ハイキックは、いつもどおり、見えなかった。 そして、そのまま気絶する自分。

 






 

 と、いう夢を見た。 



 気絶させられて、起きたら、布団の上。 現実に戻される。

 いやー、夢にまで出るとは、ちょっと危ないな、こりゃ。


 いよいよ、試合が近づいてきた。
 PRIDEヘビー級タイトルマッチ。 
 ミルコ対ヒョードル。
 
 下馬評を見る限りでは、やはり、ヒョードルが有利というのが一般的な見方。 打撃ではミルコが勝っているが、寝技やパウンド(立っていない状態で殴ること)では、ヒョードル有利。 打撃でミルコが勝っているといったが、それでもヒョードルの打撃のレベルはPRIDEでトップクラスに位置している。 ただ、ミルコの打撃がとんでもないだけ。 あのハイキックは、一撃で相手の精神力とは無関係に、意識そのものを断ち切る威力を持っている。

 けれど、前のエントリーでも書いたように、自分はミルコのファン。 当然、応援するのはミルコ。 演劇の練習があるから、リアルタイムでは見れないが、しっかりと録画をしておこうと思う。

 予想は、ちょっと、書けません。。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。