Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
デスノートの『魅力』?①
 仕事と大学院の勉強だけでもうキているのに、さらに証券アナリスト試験の日が迫っているにも関わらず、ブログなんぞ書いていいのでしょうか^^; まあ、いいか。


 デスノート、という漫画、ご存知ですか?
 
 最近、かなりの人気を博している漫画です。

 内容は、大まかに言うとこんな感じです:
 主人公である天才少年月(これでライトと読む)は、ある日、恐ろしいノートを手にする。 それは、そのノートに人の名前を書くと、その人は死ぬことになるという、デスノートだった。
 ライトは、このノートを使い、犯罪のない世の中をつくろうと決心する。 彼は「キラ」と名乗り(もちろん顔は見せない)、凶悪犯を処刑し始める。。

 20060419002704.jpg



 最近、ライト君が、このノートの所有者であることが明らかにされ、物語はいよいよ佳境に入っています。


 さて、ライト君の思想に、ある程度の魅力を感じる人が多いように見えるのは気のせいでしょうか?

 おそらく気のせいではないと思われます。 少しダークな内容にもかかわららず、爆発的な売れ行きを誇っており、ネット上では(絶対に良いとは思いませんが)デスノートを使って何をするかについて話し合いをしている掲示板すら多数出てくる始末です。

 政治の観点から見ても非常に興味深いものでしたので、その理由について、帰り道で自転車に乗りながら、つらつらと考えていました。

 政治思想的に、二つの理由が考えられそうです。


 第一に、ライトの思想は、功利主義の原理に通じるものがあること。
 第二に、ライトの考える統治は、ルーツをプラトンにまでさかのぼる哲人政治に通じるものがあること。

 功利主義、というのは、ベンサムなどが主張したもので「最大多数の最大幸福」を至上の原理とします。 いうなれば、政治の決定と言うのは、「一番多くの人々に一番多くの満足を与えるべきもの」だ、というないようです。 ライトが主張する、「凶悪犯はデスノートによって殺される」という世の中になれば、犯罪者の命と引き換えに、他の多くの人は、安全な生活を送ることが出来るようにな(多分)なります。 こういったものの考え方は、僕たちの間には結構浸透しています。 例えば、政策決定において、少数派を犠牲にしても多数派の利益のための政策が採られることはよくあります。
 僕たちの間に身の覚えのない感情でないからこそ、ライトの主張に魅力が感じられるのでしょう。


 哲人政治の主なアイディアは、優れた魂を持った哲人によって社会は治められるべきだ、というものです。 社会主義に良く見られる書記長や首席、大統領に多くの権限が集中するにも、この流れが少しは含まれていると僕は感じています。
 作中では、ライトはスポーツ万能、容姿端麗、頭脳明晰と非の打ち所のない人間として描写されています(性格にはムラがありますが)。 こういう、「正しい判断をできる(と思われている)人間」に世を委ねたいと考える人は、今も昔もいるわけで、そういう意味で、ライトの主張に魅力を加えているのかもしれません。 
 

 
 さて、ここで、皆さんにお願い。

 反論を教えてください。

 間違った答えなんてないので、どうぞお気軽にお願いします。

 あ、ライトの主張の魅力について付け足し・訂正してくださるのも大歓迎です^^

 いい頭の体操になると思うので、皆さん是非。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。