Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
金利決定の「もやもや」。
 明日はいよいよ証券アナリストの試験なのですが、完全に開き直っています^^;。 もともと、実力をつけるために始めた勉強で、試験用の参考書を一切読んでいない状況なので、この期間についた(はずの)実力試しのつもりで受けようと思っています。 もちろん、やるからには合格するつもりで受けます。
 
 光栄にも、47thさんのエントリーで、一部取り上げていただきました。

 ファイナンス理論についてもヒヨッコの僕ですが、胸を借りるつもりで書いていこうと思います。


 金利決定における、投資理論と経済学のちがいのもやもや 

 金利の決定について、47thさんは、以下のように書かれています。

 消費者金融における利息の負担の重さは、元本額に対する金利負担によって定めるのではなく、借り手の稼ぎ出すキャッシュフローとの割合で定まるものであって、「投資」と同じ感覚で金利を比べることは何の意味もないということです。

 (中略)

 消費者金融における「適正なスプレッド」というのは、消費者側のデフォルト・リスクから逆算して出るような類のものではなく、そのサービスにどのような価値を認めるかという、まさに需要と供給の作用によって定めるものです。


 経済学的に、金利が需給関係から定まる、ということについて、僕も異論は特にありません。 前回のエントリーの2.の部分でも書いているように、借り手側の人々が流動性制約に直面していて、その状況を所与とするのなら、もっとも効率的な金利(需給均衡点における金利)は高く定まる、のだと思っています。

 
 ただ、ファイナンスの理論を学んでいる(はずの)人間としては、一つ疑問が浮かぶのです。 この場合、投資理論におけるリスクとリターンの関係から推定される金利と、経済学における需給関係から定められる金利の関係は、どのように位置づけるべきなのでしょうか?

 
 とても乱暴な見解かもしれませんが、利益率を語るにおいて、経済学的な考え方はどちらかと言うと現実を説明するもの、投資理論からの考え方は、どちらかと言うと理論値を推定するもの、になるのではないかな、と感じています。 というのも、需要と供給の原理から価格を求める経済学的な考え方は、「今、均衡点はここらへんだよ。」と言う事を教えてくれるのに対し、投資理論は「理論的に言ってこれの本来の収益率はここなんだよ。」という事を私達に知らせてくれると、感じているからです。
(「どちらかと言うと」と回りくどく書いた理由は、経済学においても事実解明的な経済学と、規範的な経済学の2種類があるためです。)


 僕が47thさんの議論を読み違えていたら恐縮なのですが、「そのサービスにどのような価値を認めるかという、まさに需要と供給の作用によって定める」という謂いにはどうも違和感があるのです。 なんというか、経済学的にはとてもクリアーなのは理解できているのですが。。 

 もしかしたら、そろそろ僕の頭の中に「リスク&リターン」の考えがしみこみ始めていて、その考えが、僕に「てじゅーん、そりゃおかしいぞー」と命じているだけかもしれません^^;


 どなたか、このもやもやを解消してくださると嬉しいです。


 以下、Tipsです。
 ※金利を40%とするのならば、その金利が想定しているデフォルト率(債務不履行になる確率の事です)は結構高いと思います。 ここで、安全利子率ゼロ、リスク中立とします。 融資にまつわるコストを5%、貸し手の目標利益率5%として、出口時に100万円が110万円になっていれば、貸し手としては満足と考えます。  
 
 この場合、デフォルト時のペイオフがゼロなら、デフォルト率は21.6%と低めに設定されます。 
 20060422233416.jpg



 しかし、現実的にはデフォルト時にある程度のペイオフはあるわけです。 お金を借りて一銭も返さずに債務不履行になる人は、さすがにあまりいないと思います。 大体の場合、ある程度までは返済して、しかし残りは返せない、という状況でデフォルトに陥るのだと思います。
 ここで、デフォルト時のペイオフを54.3万円とすると、確率は以下のようになります。
20060422235206.jpg


  

 ※47thさんがお話になっていた、金融機関の利益の要素は市場利子率(≒time value of money)、貸し手・借り手へのサービス(信用リスクプレミアムと金融サービス)というのは、僕もちょうど大学院で学んでいるところでした。

 ちょっと言葉を言い換えて図にすると、こんな感じになる、と教授は話していました。
 20060422231837.jpg

 教授は元国税長官の渡辺さんで、中里先生と一緒に研究をされていたそうですね。 著書「ファイナンス課税」は、6月頃に出版される予定だそうです。 本当はこの本が授業の教科書になる予定だったのですが、会社法の変更に伴う修正が遅れまだ出版されず、今は、この本のゲラ版で授業をしています^^;





 何か、またまた走り書きのようなエントリーで申し訳ありません。。
 


 
 よし、勉強、勉強っと。。
スポンサーサイト
29.2%は高い?
 最近のアイフルへの業務停止命令を受けて、現行の消費者金融の提示する利子率について議論が巻き起こっています。

 さっき(3時ごろ)やっと職場から自宅に帰ってきたのですが、ふらふらで回っていない頭で脊髄反射的に書いています。 

 明日は朝から大学院でカンヅメ、あさってはアナリストの試験のはずなのですが、まあ、気にしない気にしない。(笑)

 

1.29.2%は適正か?
 ひとつの争点が、現在の29.2%の金利は適正か、ということなのですが、僕にはどうしても適性とは思えないのです。 この点はNeon98さんに同意します。

 利子率は要求収益率であって、リスクに見合う分だけとるものだというのは、ファイナンス理論を知っている皆が知る原則だと思います。
 
 どう考えても、僕には、消費者金融が負っているリスク(債務者のデフォルト、訴訟、その他)が、29.2%に見合うとは思えないんですよね。

 全然違う投資形態ではありますが、「3件中1件大成功すればよし」とされるPEで30%、「10件中2件成功すればたいしたもの」、とされるベンチャー投資では40%くらいが、平均的な要求収益率です。 さらに社債の格付などでも、29.2%なんてのは、めったにみない数字です。 これらと消費者金融との比較が難しいのは分かりますが、こういった投資を脇で見ながら皮膚感覚的に、やっぱり「29.2%は高い」と感じている僕がいます。


 だからといって、29.2%の上限を変えるべきか、というと、そうでもなかったりします。 理由は後述します。



2.なんで高いのか?

 僕は、一種の信用割当が起こっているため、現在の消費者金融の金利があんなに高いのだと思っています。 信用割当について図で説明するとこんな感じです。
 
 20060422032803.jpg


 何らかの理由、一般的には情報の非対称性(例えば、金の貸し手は、借り手の財政状況について借り手ほどには知ることができない)など、によって、資金供給曲線がある点から急傾斜になってしまうと、このように、普段よりも高い金利で資金需給が均衡するようになってしまいます。 こういう状況をさして、「信用割当が発生している」といいます。

 もちろん他にも要因があるとは思うのですけれど。。



3.制限は有効か?

 上のことを鑑みると、一番必要なのは、現在の信用割当の度合を減じることにあって、政策論議はその観点からされるのが有効だと感じています。
 換言すると、現在のゆがんだ需給状況を変えることに政策論の焦点を置くべきだと考えています。
 

 規制はどうしても新たな非効率を生むので、経済全体にとってはマイナスになると思われます。 アイフルの社長さんも常に言っていた「制限金利を下げると、借りられない人間が出来てヤミ金がはびこる」というのにも一理あると思います。 この点は47thさんisologueさんの取り上げていた議論に共感します。

 「じゃあどうやって信用割当をなくすの?」と聞かれたら、「これで間違いない」という打開策を考えるのは難しかったりします。 まだまだ未熟者なので、ご容赦ください^^;



 、、、なんかしまりがありませんが、走り書きまでにて。
 

 明日は朝から授業なので、寝ます。

 おやすみなさい。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。