Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
イラクでの虐殺に思うこと。
 20030331-01286487-jijp-dom-view-001.jpg



 悪夢を見ました。
 殺人者の夢です。 僕だったか、僕の隣にいた人だったのか、記憶が定かではないのですが、起こったことは、かなり鮮明に覚えています。
 パスッ、パスッという無機質な音と共に、雑踏の中邪魔になる人々に銃弾を撃ち込んでいきました。 引き金一つにも何の感情も無く、恐ろしいほど無機質に、機械的に。 

 夢分析の一般的な議論によると、夢には2種類があるそうです:
 ・その人の気持ちを落ち着けるために、「見ないではいられない夢」
 ・その人の無意識が、意識に対して働きかけるための「無意識からのサインとしての夢」

 多分、前者でしょう。 この報道にかなりの衝撃を受けたのですから。
 
 
 父親の命ごい無視し射殺 近所の住民が米紙に証言 (共同通信) - 5月29日12時49分更新


 そして、これと関連して、さらに記事が出ていました。



 虐殺疑惑で「証拠」発見 米軍予備調査と報道

 【ワシントン31日共同】ロイター通信は5月31日、米海兵隊が昨年11月にイラク・ハディーサで幼児ら民間人24人を虐殺した疑惑をめぐり、米軍の予備調査で「正当化できない攻撃」により民間人が殺害されたことを示す「証拠」が見つかり、海兵隊員の銃撃によって引き起こされた可能性が高いとの見方を伝えた。
 一方、ブッシュ大統領は31日、記者団に対し、虐殺疑惑に関する報道を知った時「困惑した」と述べ「もし違法行為があれば処罰する」と言明。疑惑が、低迷する支持率の足をさらに引っ張りかねないことを踏まえ、米軍の調査で違法性が確認されれば厳正に対処する方針を明確にした。
(共同通信) - 6月1日10時59分更新



 今までもイラクで軍が蛮行を起こしたことは数多くありましたし、それらは報道されてはきました。

 けれど、どの報道も、その犯行者当人にのみ焦点が当てられる以上のものではなかった気がします。
 確かに、やった本人が悪くないなどと言うことは絶対に出来ません。 もしも、自分の友人がイラクの武装勢力によって殺されていたのだとしても。 
 ですが、これだけ問題が多発するということは、もっと構造的に原因があるのだと考えるべきだと思います。 戦争に大義があるかどうかを考える以前に、戦争というものがどういう性質を持っているのかと言う事を、僕たちは今一度しっかりと考えるべきではないか、と思っています。


 

 以下、刺激の強い写真を載せてあります。
 イラク戦争開始直後、ハッキングを受けたアルジャジーラから3年前にダウンロードした画像です。
 
[イラクでの虐殺に思うこと。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。