Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
租税法の基礎③:租税法律主義と租税公平主義。
 さて、第三回は、租税法における、2大基本原則、租税法律主義と、租税公平主義について書いていこうと思います。


1.租税法律主義
1)定義
2)歴史
3)趣旨:二つの安定性の確保
4)租税法律主義の3つの内容
  A.課税要件法定主義
  B.課税要件明確主義
  C.合法性の原則

2.租税公平主義
 1)憲法上の公平
 2)租税法上の公平
 

 
 金子先生の「租税法」では、地方自治との関係からもう一つ原則が書かれているのですが、書かれていない書籍も多く、上の二つを租税法における原則として書いていこうと思います。
[租税法の基礎③:租税法律主義と租税公平主義。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。