Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
経済学の方法としての、「合理的人間」。
 日本は、格上のクロアチア相手に頑張ったと思います。
 
 僕は、高校時代から川口選手のファンです。
 スパイクもグローブも川口モデルでした。

 フィールド上でも彼はかっこいいのですが、それ以上に、サッカーに打ち込む彼のひたむきな姿から、多くのものを学んでいた気がします。
 例えば、食事一つとっても、彼の節制振りは半端じゃない。 他の代表選手が気にせず揚げ物を食べる中、彼はただ一人その衣までとって食べていたり。 練習も人一倍一生懸命やっていた彼には、尊敬の念を抱いていました。 しかも、川口は昔から、こういう逆境において力を出すんですよね。 それもまたかっちょいい。

 と、個人的に川口ファンでもあるのですが、僕はクロアチアというチームが同じくらい好きなんです。

 98年のワールドカップでのシュケルのインタビュー、「祖国の人々に力をあげるために勝ちたい」という台詞にしびれました。 
 
 で、是非ともクロアチアには優勝してもらいたいと思っていまして。


 と、なんとなく複雑な気分で試合を見ていました。

 結果は引き分け。 これまた複雑ですね。。


 さて、閑話休題。

 例のマーケットメカニズムのレポートを書かないといけないのですが、そのネタ探しに購入したのが本書。

 20060619002647.jpg


 こういった、心理学、特に認知心理学を経済事象を説明するために利用するのはとても重要なことだと感じています。 事実、最近のノーベル経済学賞は、これと関連した分野における受賞がとても多いんですね。

 多くのインプリケーションを得られるという点では、とても感謝しているのですが、どうしても変だなあ、と感じる点が。


 昔の経済学者たちには哲学者が多かったことは、作者と同様、多くの人々が知る事実です。 アダムスミスの著書には、道徳感情論、というものもあります。

 そこまで書いておいて、なぜ、今までの経済学では人間を「合理的で利己的な存在」と見なしてきた理由を、書いていないんでしょうか?



1. 経済学の方法としての抽象化
2. 抽象化の必要性
3. 行動経済学についての個人的見解



[経済学の方法としての、「合理的人間」。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。