Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
変則ゲーム理論と行動心理学によるトレーダー行動説明。
 インターンの子に税について教えているのですが、そのための資料を作ったり、宿題をしたりと、ちょっとあわただしい今日この頃です。
 
 (どなたか、「みなし配当」ってアメリカにあるのか、あったら英語でなんていうのか、教えていただけたら助かります。。 )

 
 というわけで、ちょっと手抜き気味ですが、前回のマーケットメカニズムのレポートの一部を、そのまんま取り上げちゃいます。 アンケートに協力してくださった皆さん、ありがとうございました。

 いつもは定量的な分析が多いのですが、たまにはこういった定性的な分析をしてみるものも面白いですよね。 毎週の如く書かなくてはいけないことに加えて、他の授業でも同様にレポートが課されているので、妥協がかなり含まれていることはご承知ください^^;


 もちろん、ご意見、批評、質問は歓迎します。



--------------------------------

 ―シナリオ過信に対する、行動心理学とゲーム理論を用いた仮説―

 人間の社会的存在としての意識のあり方が、意外とマーケットに大きな影響を与えているのかもしれない。

 今回、最も興味深かった事柄は、なぜ私のチームが、なぜ事前に立てたシナリオ―「合併後、買収側の株価上昇、被買収側の株価下落」―に拘泥し、それゆえに様々な問題行動を採ってしまったのか、という点にある。 私のチームのみならず、他のチームも、類似した戦略を採っていたように見える。 上に掲載した図を見ても、特に序盤において、多くのチームの投資行動には似ているものが多い。

 この理由について、一般的な投資理論から説明するのは難しいと、私は感じている。 ロジカルな問題と言うよりも、サイコロジカルな問題が大きいように思われる。

 以下、多少のアンケート結果も含めて、2点からその理由について考えてみようと思う。
[変則ゲーム理論と行動心理学によるトレーダー行動説明。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。