Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
赤ひげ診療譚とコーポレートガバナンス。
 昨日・今日で、山本周五郎の「赤ひげ診療譚」を読みました。

 これが、すごくよかった。 医療関係者の方がお読みになっていたら、ぜひ、感想をお伺いしたいところです。 

 特に気に入った個所を抜粋していると、最近読んでいる、TiroleのThe Theory of Corporate Fiannceとオーバーラップしている部分があることに気付きました。

 

 まず、赤ひげ診療譚。
 いくつか抜粋すると:

 
[赤ひげ診療譚とコーポレートガバナンス。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。