Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
サブプライムのお話:続き。
 (高校生でも分かるように書いた(つもりの)簡単な経済のお話です。)

 ちょっと前に、アメリカのサブプライムのお話をかんたんに書きました。
 
 そして、その後、株式市場は一度持ち直したかと見えてまたふらふらし、円高が進み、金融機関はお金を貸したがらず、という具合になっています。
 
 今後どの程度までにことが進むのか、まだ良く分からないのですが、僕が考えるこの問題のポイントは以下の通りです:
 
 1.誰がどれくらいババを引いているのか
 2.人々のリスクに対する感覚は中長期的にはどうなるのか
 3.人々の経済成長への期待はどうなるのか

 
 
[サブプライムのお話:続き。]の続きを読む
スポンサーサイト
まじりっけなし。
 西郷隆盛も読んでいた、伝習録を読んでいて改めて気づかされたことが一つ。
 
 それは、人間の「混じりけのなさ」が、人の格とかなりの関係がありそうだということ。

 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。