Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
貧困の終焉、レビュー。
 開発の勉強会&プロジェクトが始まっているのですが、その間に話がされた内容などを、僕のブログを通じて公表していくことになりました。 というわけで、第一弾ですね。
 
 
 
貧困の終焉―2025年までに世界を変える 貧困の終焉―2025年までに世界を変える
ジェフリー サックス (2006/04)
早川書房

この商品の詳細を見る


 実は経済学者の中では賛否両論があったりするらしいのですが、そんなことはさておき、僕が開発に着手しようというきっかけを与えてくれた本。

 1.メッセージ
 2.貧困の原因
 3.開発において考えるべきこと-臨床医学のアナロジーの必要性
 4.出来ること
 5.雑感

 
 要約:私たちが知らないうちに、年間800万人が極度の貧困のうちに死んでいる。 それには明確な理由があり、私たちはその問題を解決することができる。 正しい戦略は正しい状況分析に基づくべきものであり、この本では、その考え方と実例を提供する。 言うまでもなく、一番大切なのは、私たち一人一人の熱意と行動にある。

 
 
 

 
 
[貧困の終焉、レビュー。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。