Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
その数学が戦略を決める。
数人の友人の間で話題になっていた本、読んでみました。

その数学が戦略を決めるその数学が戦略を決める
(2007/11/29)
イアン・エアーズ

商品詳細を見る


内容は明快です。 大量のデータを、正しい方法で分析にかけた結果の意思決定は、専門家の経験や直感に頼った意志決定に勝るというものです。 専門家にしかわからない機微はあるのかもしれませんが、人間という生き物がどうしても持ってしまう思考の偏りの短所を考えると、機械的な分析が人間に勝るというのも、首肯しうる結論なのかもしれません。 実際に、アメリカでは医療、政治、法律など、さまざまな分野において、データに基づく意思決定が重要な役割を占めることがあるそうです。 もちろん、このデータを正しく使うためには計量経済学の手法を正しく理解する必要があります。


情報技術の発達は、この計算を可能とするための大量のデータ収集を容易にし、同時にその大量データ処理も可能としました。 今後、ネット上により多くの知が蓄積されていくことを考えると、データによる分析が、より多くの分野で、人間の経験を凌駕していくのかもしれません。

もしそうだとすると、人間が社会においてもたらすべき役割は、少しずつ確実に変わっていくことが予想されます。 人間の本質的な能力が、僕がおじさんになる時代には今よりもっと大切になっていく事でしょう。 これからの時代、新たに何かを学ぼうとするときには、それが十年後に陳腐化しないのか、考える重要性が増しそうですね。

データ解析能力の必要性も改めて感じました。 自分が分析をする立場にならなかったとしても、分析結果をしっかりと読むリテラシーは、非常に大切になる事でしょう。 ということで、林文夫のEconometricsを読むことにしました。 あと、Eviewsの使い方ももっと色々と覚えないと。 


(Super Crunchingの訳が、「絶対計算」ですか。 ずっと「絶対計算」の英語はAbsolute なんとかだと考えていたので、英語の文献をググるのに手間取りました…)



スポンサーサイト
野口悠紀雄「ファイナンスの基礎」@Taejunomics―第二回
というわけで、第二回です。

(エクセル資料を作りました。ここからダウンロードできます)
https://www.webfile.jp/dl.php?i=332679&s=23a04419cbcd9d69b66d


0.大数の法則
1.保険とリスクプレミアム
2.効用と効用関数
3.期待効用最大化行動


(「続きを見る」をクリックしてください)



チベット問題について、5月10日の勉強会で議論します。
 次回の経済開発勉強会は、5月10日土曜日、午後5時から行います。

 勉強会では、マイクロファイナンスのウェブバージョンのポータルサイトを作るためにコツコツと作業をしているので、その経過報告もしつつ、チベットで現在起こっていることについて、議論をできればと思っています。 ちょうど、僕たち以上に事情をよく知っている中国人の方も勉強会に参加しているので、報告&議論をできればと考えています。
 

 今の一連の報道については、偏っている感が否めません。
 この類の、大国の利害がからんでいる問題は、欧米諸国も数多く抱えているのに、それらの所業はあまりメディアで取り上げられない。 その反面、今回のチベットの問題はかくも大々的に、時に疑惑が一人走りして報道されているわけです。 (もちろん、チベットの問題そのものと、メディアによる人々の意見のコントロールの問題は別の問題なので、分けて考える必要があるわけですが。)

 
 色々な側面から議論がされることになるかと思いますが、
 評論家風に論議をあれこれするのではなく、
 議論を通じて、僕たちが将来、また違った社会問題に直面した時に役立てられるような知恵を得られたらいいと考えています。
 
  
 勉強会は、どなたでも参加自由ですし、一回だけ参加、というのももちろんありです。 (チベットの問題以外にも、マイクロファイナンスについての報告等もあるのはご了承ください)

 特に今回は、チベットの件について事情をよく知っている方の参加は大歓迎です。

 5月10日午後五時、場所は、東京駅から30分以内の場所になる予定です。

 
 参加希望される方は、僕のメールアドレス
 taejun.shin[at]gmail.com
 か、このブログのコメント欄にメールアドレスとともにコメントくださると幸いです。


 

 
飢えの津波。
去年、小麦の価格は世界的に77%上昇し、米の価格のそれは16%でした。今年に入ってからは、米の価格も141%の上昇を見せています。
1608LD1.jpg

食料の高騰は、当然日本のような先進国に住む人々にも打撃を与えるのですが、所得の多くを食費に回している人々に対して、それ以上に深刻な打撃を与えます。 世界銀行は先週、食料価格の上昇に対処するための措置を発表しました。 同行によると、33の国において、食料危機により動乱が生じる可能性があるそうです。 The Economistの今週号の特集では、この問題を取り上げています。 その内容を基にして、備忘録代りにまとめておきます。



集団の結束力の内包する排外主義。
備忘録代りに。

人間は、生活において、いろいろな集団に属すると思うのですが、人間の集団というものは、多かれ少なかれ、ある種の排外主義を持っている可能性があるという事を、忘れてはいけないのかもしれません。 多くの場合、ある集団内の結束力の強まりは、その排外的な性質を強める方向に作用する可能性があります。 例えば、あるグループが内輪でだけ盛り上がっていて、それを見て白けた経験がある人は少なくないはずです。


上のことが一種の真実だとすると、よくよく注意する必要がありそうです。 人間、自分を批判したがらない存在なので、知らぬうちに、自己の属する集団の持つ排外的な性格について、慣れて迎合してしまう可能性があります。


常に自分を客観視することによって、こういった問題を回避できるのかもしれませんね。箱の外からものを見ることの大切さを、改めて感じます。


お願い!セニョリータにはまる理由。
J-Popはあまり聞かないのですが、流行っているらしい音楽はちゃんと聞くようにしています。 そんな中、最近ハマってしまったのが、この「お願い! セニョリータ」です。先週はたぶん100回くらい聞いていました。

お願い! セニョリータお願い! セニョリータ
(2005/06/08)
ORANGE RANGE

商品詳細を見る



聞きながらなんでこれにはまるのか考えていたのですが、以下のような理由があるようです:


野口悠紀雄「ファイナンスの基礎」@Taejunomics-第一回
今期チューターをすることになる、野口先生の「ファイナンスの基礎」のサマリーを、ブログの記事にしていきます(先生の了承済みです)。ちなみに、このブログでは以前に、「ファイナンス理論からの10のメッセージ」(書きかけ)というカテゴリーで記事を書いています。よかったらどうぞ。特に今回の授業と関係のあると思われるエントリーは、多分これです。
http://stjofonekorea.blog6.fc2.com/blog-entry-663.html#more



今回は、分散投資についてお話します。ファイナンス理論は錬金術ではありません。だから、ファイナンス理論で楽してお金儲けはできません。ですが、ファイナンス理論から得られる示唆は非常に重要なものです。ファイナンス理論からの貴重な贈り物の一つは、「分散投資」です。

分散投資を土台とした保険、そして株式会社制度というのは、どちらもファイナンス理論に適った西洋の発明品で、この発明が、ヨーロッパの発展の一つの理由になったといえるでしょう。


0.分散という言葉
1.分散投資の効果
2.なぜ分散投資が好まれるのか?
3.分散投資の大切な前提


TCIの件。
 TCI(ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド)のJパワー買収に対する政府の勧告を受けて、日本からの資本の撤退はより一層続くのかもしれません。

 両者の主張を読んでいたのですが、政府側の主張の意図はいまいちよくわからなかったりします。 たとえば、「具体的な利益達成のための方針が示されていない」、というのが、政府の投資ファンドに対する批判のようですが、TCIのホームページにある
 http://www.tcifund.jp/pdf/news_jp14.pdf
 これを読んでいないのかもしれません。
 

 個人的には、こんなことをしている場合ではないと思うのですが・・・
 この国の資本市場は、このままいくと確実にヤヴァイ気がします。
 
ファイナンスを勉強する人にとっての英語の重要性。
 今期は野口先生のチューターで学校に出入りするのですが、一つ先生から頼まれた事は、学生にファイナンスの勉強における英語の大切さを話すこと。 以下のような事を話そうと思っています。


 1)ファイナンス理論は英語の学問である。英語の陰翳を知ることが、理解への近道となりうる。

 英語圏で発達している理論なので、色々な単語の意味についてはカタカナ英語で学ぶより、英語として学ぶ方が、その考え方を身につける近道だと僕は思います。



 2)現在、ほぼ全ての分野において、最上質の情報は英語で流通している。英語が分からないことは学問にとって不利。

 トップ雑誌はほとんど英語で出版されるなど、最先端の情報はほとんど英語を通じて流れています。 なので、英語が読めないと、これらの潮流に乗り遅れてしまい、それは大きな不利になるかもしれません。 
 
 今後、ITのさらなる発達により、英語ができる人とできない人の情報収集能力の差は、より拡大していくと感じています。 
 

 3)外資流入による国内市場の活性化のためには、英語を知る金融人材が必須となる。

 これは、別に僕が書くことではないのですが。
 先進国にも関わらず、日本の株式市場に上場する外資系企業は、日本語での情報開示を義務付けられます。 これは、ビジネスをスムーズに進める上で障害になるのかもしれません。



  
 とか何とか言っても、まずは自分の言葉を奇麗に使えることが大切なのだと、僕は個人的に考えるわけですが。

人脈の「作り方」?
世の中では人脈の作り方、なるものに関する本が色々と出回っていて、事あるごとに「人脈づくり」なる言葉を耳にするのですが、僕は、人脈を作るという活動がどれくらい有効なのか、よくわかりません。 人脈は作るものというよりは、むしろ、その人の人間性に応じて作られていくものなのではないでしょうか。 水が流れるうちに水脈ができるように、人脈も、その人が活動をするうちにできていくものなのだと思います。 それが逆になるのは、なんか変な気がします。

だから、人脈作りについては、必要以上に意識する必要はないと思っています。僕の個人的な性質や思い込みを前提としているのかもしれませんが。

それよりも、普段、自分がより誠実な人間になれるように気遣う事の方がはるかに大切なのではないでしょうか。 だって、誠実な友達なら、自分の他の友人に紹介するつもりにもなるでしょうけれど、そうでなかったら、そんな気も起きないわけですから。 二宮尊徳が人と付き合う基準はその人の誠実さのみだったらしいですが、それはとても重要な示唆を含んでいるのだと思います。 個人的で独善的な見解だと思いますが、自分の人脈が良くないと思うときには、「人脈作り活動」よりも、自分自身を振り返るべきなのだと思います。

 

あ、偉そうにこんなことを書いていたら、とても大事な不義理を思い出してしまいました・・・
僕は、やっぱりまだまだです。
 
 
ジンバブエの選挙。
 ジンバブエの選挙の結果が出ています。
 
 ジンバブエは長い間Robert Mugabe氏が大統領として君臨してきました。 ムガベ氏は、大統領となった1980年代初期は名指導者としての誉も高く人々の支持も厚かったのですが、その後政策の失敗に対する国民の不満が高まるにつれて、次第に独裁色を強めてきました。 選挙における不正なども数多くあったのかもしれません。

 そんなジンバブエの選挙で、今回は、210議席のうち、Mugabe氏のいる与党であるZANU-PFは97議席を、そして反対野党のMovement for Democratic Change (MDC)が109議席を獲得し、逆転を見せています。 大統領選の結果は少し後に出るようですが、普通に行けば、MDCのMorgan Tsvangirai氏が次期大統領となる見込みが高いようです。 これらの結果は、選挙プロセスにおける不正がかなりの程度改善された事を示しているのかもしれません。
 
 この選挙結果により、今後、ジンバブエの状況が多少なりともよくなれば良いのですが。

 ジンバブエは、最近、ハイパーインフレーションに悩まされています。 2008年1月のインフレは、なんと年率10万%。こういう状況では、経済は機能しません。中央銀行による介入が必要なのですが、そのためにはお金がいる。そのお金を借りるためには、政府の信用性が大切なんですね。 
 


 
 ※ジンバブエの事情に興味のある方は、こちら参照。
  以前の勉強会で報告された資料です。
 
  http://server2.firestorage.jp/?act=download&key=a6f1ce2f98c5e38d72041210c640d6ff1c7b0f8c
人生のペース配分。
イチローや、ビートたけし、スティーブ・ジョブズなど、多くの業績を残した人々の共通点として、「毎日を同じように生きる」というのがあるのかもしれません。
イチローは「特別な日などない」と話し、日々自己鍛錬に励んでいますし、スティーヴ・ジョブズはいつも「今日が最後の日だと考えて生きる」ことをモットーにしています。
ビートたけしは、今日が人生の最後の日だとしても、生き方を変えることはないだろうと話しています。

この共通点を、ファイナンス理論などでよく使われる議論にのっけて命題にすると、こんな感じになるのかもしれません。
(厳密ではないです。最初に定義とかして厳密にしようとしていたのですが、途中でつまらなくなったのでやめにしました。)


命題:幸せに慣れてしまう人間にとって、人生における満足の最大化は、「毎日を同じように生きる」ことによって得られる。

マインドマップ。
 土日もお仕事で、気分は毎日バケーション。 
 マインドマップを創始した人の本を読みました。

 
ザ・マインドマップザ・マインドマップ
(2005/11/03)
トニー・ブザン、バリー・ブザン 他

商品詳細を見る
 (ブログに備え付きのこのAmazonリンク機能、僕には一切お金が入ってこないんですよね… でも、アフィリエイト貼り付けは手間なのであまりやっていません。)


 著者の方も書いているように、脳のメカニズムをある程度理解した上で、各人が、自分に合ったノートをとればいいのだと思います。マインドマップは、確かに非常に有効なやり方だと思います。ノートの作り方に関して、参考になる部分がいっぱいあったので、早速取り入れることにしようと思います。成長のためには、良いと思った他人の考えを素直に取り入れるのが一番ですね。
 
 (本に、「天才たちのノート」があるのですが、別に普通の絵つきのノートとあまり変わらない気がするのは、僕だけでしょうか。。)
 

 発散・連想型の思考、すなわち、関連性の下での全体理解や、いくつかの異なったコンセプトを組み合わせての創造に関しては、マインドマップは非常に有用ですが(たとえば、入門的な理解)、数学的な証明のような一方向的な思考に関しては、やはり、上からガシガシ書き進めるのがよいのだと思います。たとえば、証明というのは時に力作業なので、マインドマップだけに頼っていると、なかなか書ききれない状況に陥ってしまうのかもしれません。

 mindmap.jpg


 ちなみに僕は、全体理解をすればよいと思っている本についてはマインドマップをメインに読書ノートで使っていて、数学的な証明が多い本や論文については、論理一本道を示す直線的なノートと全体像をつかむべきマインドマップで分けてとっています。 
 
 何かを始めてのめりこむと、まるでそれが常に良い方法のように思えてきますが、多くの場合、万能薬はないのですよね。何事も、使い分け方がポイントなのだと思います。

ちょっと前に撮った桜の写真。
R0012799.jpg
R0012802.jpg
R0012806.jpg
R0012809.jpg


本当に桜はきれいですね。
3月のニュースまとめ。
 読んでいるだけでは忘れてしまうので、月ごと、年ごとにニュースのまとめを書き連ねておきたいと思います。 (めんどくさいのでリンクは貼っていません、基本的に日経、ロイター、WSJ、Economist、NYTがソースです)。

 
部署移動。
skr035-s.jpg
 4月1日をもって、かねてから会社内で希望していた配属が決まりました。
 志望してから大分時間がかかりました。何度も現地の人と電話やテレビ会議でインタビューを受けた甲斐がありました。


 かねてから望んでいた海外勤務です!

 某産油国の支店で、(たぶん)石油王と呼ばれる人々から資金調達をすることになりました。

 最近の政府系ファンドの運用規模は、あっという間に200兆円を上回り、今後も年に2ケタ%の伸びを見せることが予想されています。今、金融においては、一番話題の分野でもあります。
 SWFの運用額の一部でも、僕のいる会社でレイズするファンドに取り付けられれば、と考えています。

 ひげを生やしていないとなめられるそうなので、今から早速ひげをのばしておこうと思います。
 (どうすれば早くひげが伸びるか、ご存じの方、教えてくだされば幸いです。)

 イスラム金融も勉強しないとだめですね。


  
 そういえば、今日は、新入社員の皆さんが初々しかったですね。
 明日のお昼は、チームの送別会も兼ねて、近所で花見をすることに。
 
 、、、なぜか、席とりに駆り出されましたが・・・^^;
 しかも、よりによって朝6時から(ブートキャンプです)。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。