Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
人生のペース配分。
イチローや、ビートたけし、スティーブ・ジョブズなど、多くの業績を残した人々の共通点として、「毎日を同じように生きる」というのがあるのかもしれません。
イチローは「特別な日などない」と話し、日々自己鍛錬に励んでいますし、スティーヴ・ジョブズはいつも「今日が最後の日だと考えて生きる」ことをモットーにしています。
ビートたけしは、今日が人生の最後の日だとしても、生き方を変えることはないだろうと話しています。

この共通点を、ファイナンス理論などでよく使われる議論にのっけて命題にすると、こんな感じになるのかもしれません。
(厳密ではないです。最初に定義とかして厳密にしようとしていたのですが、途中でつまらなくなったのでやめにしました。)


命題:幸せに慣れてしまう人間にとって、人生における満足の最大化は、「毎日を同じように生きる」ことによって得られる。

[人生のペース配分。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。