Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
野口悠紀雄「ファイナンスの基礎」@Taejunomics-第一回
今期チューターをすることになる、野口先生の「ファイナンスの基礎」のサマリーを、ブログの記事にしていきます(先生の了承済みです)。ちなみに、このブログでは以前に、「ファイナンス理論からの10のメッセージ」(書きかけ)というカテゴリーで記事を書いています。よかったらどうぞ。特に今回の授業と関係のあると思われるエントリーは、多分これです。
http://stjofonekorea.blog6.fc2.com/blog-entry-663.html#more



今回は、分散投資についてお話します。ファイナンス理論は錬金術ではありません。だから、ファイナンス理論で楽してお金儲けはできません。ですが、ファイナンス理論から得られる示唆は非常に重要なものです。ファイナンス理論からの貴重な贈り物の一つは、「分散投資」です。

分散投資を土台とした保険、そして株式会社制度というのは、どちらもファイナンス理論に適った西洋の発明品で、この発明が、ヨーロッパの発展の一つの理由になったといえるでしょう。


0.分散という言葉
1.分散投資の効果
2.なぜ分散投資が好まれるのか?
3.分散投資の大切な前提


[野口悠紀雄「ファイナンスの基礎」@Taejunomics-第一回]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。