Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
飢えの津波。
去年、小麦の価格は世界的に77%上昇し、米の価格のそれは16%でした。今年に入ってからは、米の価格も141%の上昇を見せています。
1608LD1.jpg

食料の高騰は、当然日本のような先進国に住む人々にも打撃を与えるのですが、所得の多くを食費に回している人々に対して、それ以上に深刻な打撃を与えます。 世界銀行は先週、食料価格の上昇に対処するための措置を発表しました。 同行によると、33の国において、食料危機により動乱が生じる可能性があるそうです。 The Economistの今週号の特集では、この問題を取り上げています。 その内容を基にして、備忘録代りにまとめておきます。



[飢えの津波。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。