Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
MBTI雑感。
会社のトレーニングセッションで、MBTIなるものを最近受けています。

このMBTIは、人間を16のタイプに分類するのですが、その基準は
・ものの考え方:知覚・直観
・判断の仕方 :思考・感情
・興味関心の方向:内向き・外向き
・外界への接し方:判断的態度・知覚的態度

にあり、それぞれ、アンケートと自己評価の二つのテストを受け、自分に最もしっくりくるタイプを選び、それを元に自分の性質を理解し、他者とのよりよい関係作りに役立てようとするものです。


まだセッション途中なのですが、なかなかいい感じです。
何が良いかというと、
・単なる自己評価のみならず、自分の短所に目を向け、それを改善するヒントを与えてくれること
・自分と補完的な役割を果たすタイプについての洞察を与えてくれること
が、個人的にはとても助かります。


僕のタイプは、創造的で情熱的な問題解決者、なのですが、このタイプは抽象的思考が得意な反面、細かいところを詰められない点、現実を見すえることがうまくない点などの短所を持っているようです。 それ以外にも列挙されている短所の多くは、納得するものばかり。 これら短所が僕の落とし穴なので、それらをうまく緩和するような方法論を考えていきたいところです。

僕は、西郷隆盛と大久保利通で言うところの西郷隆盛で、マルクスとエンゲルスで言うところのマルクスで、ゲバラとカストロで言うところのゲバラで、劉備と孔明で言うところの劉備のようです(って比較対象が大きすぎますが)。 

自分の事業を成功させるためには、地に足をつけて僕の抽象的なビジョンを実現可能なものにするためのゴールを設定できる相棒が必要なようです。 これは、多くの方から指摘されてきたことでもあるのですが、テスト結果として出てくると、改めて考えるものがあります。


まだセッションは続くので、将来のために一つでも多くのものをテイクアウトしていきたいと思います。




スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。