Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
新哲学入門。
新哲学入門 (岩波新書)新哲学入門 (岩波新書)
(1988/01)
広松 渉



内容の要約

著者は哲学とはヒュポダイム(常識などの、基幹的発想の枠組み)批判(吟味検討)であるとする。
その哲学における大きな三つの問題、認識論、存在論、実践論が本書のテーマとなっている。

[新哲学入門。]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。