Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
インドの選挙。
インドの選挙が始まります。

まず驚くのがその規模。

30以上の主要言語と6つの主要宗教があるこの国で、300の政党と4617人の候補が、7億1400万人の有権者に投票を求めることになります。


インドの政治上の課題を3つ挙げると、以下のようになるでしょう:

・貧困:インドの人々の多くはいまだに貧しく、4分の1が栄養失調の状態にあり、そのうち40%は5歳以下の子供です。現政権はこれら貧困の削減を約束してきましたが、その実現は十分ではありませんでした。

・インフラ:長い間インドの成長における躓きの石として考えられてきたインフラ。道路・電気・通信・水道・下水などは、地方の農村においてはいまだ未整備です。

・カースト制度:歴史の遺物であるカースト制度はいまだに残っており、最下層とされる「ダリット(不可触民)」の数は2億5000万人、人口の約20%に及びます。

個人的に最も注目しているのが、ダリット出身者であるMiss Mayawatiが率いるBahujan Samaj Party(BSP)。この政党は、その候補にダリット出身者のみならず、上位のカーストの出身者も選出することにより、広範な人々からの投票を集めようとしています。

ダリットの人々が単体で過半数を取ることは不可能ですが、インドの選挙においては単独政党が与党となることが難しいので、ダリットの権益を保護する政党が連立与党に参入することは可能かもしれません。

もちろん、ことはそう簡単ではありません。ダリット出身の政治家が選挙活動中に殺害される事件も過去に多く発生しているようです。また、BSPが与党に入ったからといってダリットの生活がすぐに改善されるというのも、希望的観測にすぎないという指摘もあります。


それでも、歴史の歯車は確実に回っていくのだと思います。





スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。