Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
今週号のOne Piece。
小学校のころ、電車の中で少年ジャンプを読んでいる若いサラリーマンを見て、

「この人大人のくせに少年誌なんて読んで恥ずかしくないのかな」

とか思ってました。

そんな恥ずかしい大人に自分がもうなっているかと思うと、時間の過ぎるのの早さにびっくりします。


まあ、さすがに、そんなに沢山読むものがあるわけではないのですが、中学・高校からやっているものは、終わるまではさすがにやめられなくて。


閑話休題。

週刊少年ジャンプの「One Piece」は、組織の在り方や夢をかなえたいと思う人の気概について学ぶのにおいて、とても勉強になるマンガだと思っています。(他にも魅力はたくさんあるのですが)


今週のルフィ(主人公)は、周りが明らかに無謀と止めるにも関わらず、兄を助けに海軍本部に乗り込もうと言うのですが、止める周囲にこう言います。


「もし諦めたらくいが残る。」


大きな決断をするときに、後ろ向きで(あたかもすでに自分が死ぬ直前で過去を振り返っているかのように)自分の生をとらえる、というのはとても大切なのだと思います。 僕も、いつも、決して悔いが残らないように、毎日を生きていければと、強く思います。




スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。