Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
勝間和代さんとの75分トークがウェブにアップされました。
Book Loversのブログに、勝間さんとの15分×5のお話がアップされました。自分の声は聞いているといつもムズムズしてくるので、聞く勇気が無いのですが。。


勝間さんのブログ:http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/book_lovers/2009/06/54-60d5.html

を一部引用。

慎さんと私が「出版したいんですが、どう進めましょうか」というランチミーティングをしたのが、ほんの1年半前でした。慎さんは大学院でもぴかいちの優秀生で、目立っていました。なので、実際に本ができあがったのは、先輩として、感無量の思いです。

なお、私は出版業界の概要を説明しただけで、企画から出版まで、すべて慎さんの力です。今回のゲスト紹介も、ダイヤモンド社さんを通じていただきました。

そして、理論と実務から、わかりやすくファイナンス理論をまとめたのが、この本です。この本以上にわかりやすいファイナンス理論の本はまず、ありません。




(注:この1年半前の、「出版することそのものは簡単ですよ」という勝間さんの話を鵜呑みにして、「本を書こう」という考えが頭をもたげてきたわけです。そして半年以上が経ってから、直接出版社の方にお会いするきっかけを、謝辞に書いているように、和泉昭子さんに頂くことになります。)




このBook Loversでも紹介している拙著

15歳からのファイナンス理論入門

(ラジオはこちら:http://pod2.j-wave.co.jp/blog/booklovers/pod/090525.mp3

ですが、いくつかオファーを頂いていて、少しすると日本以外の数ヶ国でも出版されると思います。

編集の方いわく、「内容を評価してもらっている」、とのこと。有難いことです。


僕の本は目立ってヒットしている、というわけではないのですが、僭越と知りつつも目指したのは長く読み継がれる本です。和泉さん以外にも47thさんちょうさんyyasudaさんからも好感をもって頂けているようなので、少し自信が湧いてきています。読んでくれた方が少しずつ周りの人に紹介してくれるのであれば、著者冥利に尽きます。

このブログをお読みの方も、もし本を読んでみて良いと感じられたら、他の方にも紹介してみてくれたらうれしいです。



スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。