Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
人は島嶼にあらず
(iMac購入とあわせて、最近、英語ブログに移行準備中で、論壇系はすべて英語にしようと画策中です。)

 人間の能力において重要なのは成長力だと、よく思います。

 たとえば、20歳の時の能力が100の人がいて、その人が40歳まで年率5%でしか成長しないとします。 だったら、20歳の時の能力が50の人も、年率10%で成長すれば十分その人を追い越しているんですよね。 だから、大学入学時の瞬間風速で人の能力を判断するのはあまり賢明ではないのだと思います。

 その成長を早めるために必要なのは、多少なりとも無理をすること。人間はものではないので、キャパはいくらでも大きくなる。そして、大きくなったキャパでまた無理をすると、さらに成長する。このサイクルを繰り返して、どんどん自分の能力が高くなっていくのだと思います。

 こういうことを書いているといつも思い出すのが、吉川英治の宮本武蔵です。己の才能に決して頼らず、自らの不足を自覚し、それに面と向かって一歩ずつ克己していく姿。 歌でいうと、個人的にはなぜかスピッツの8823なんですが。


 さらに重要なのは、どんな仕事をするか、よりも、誰と働くか、だと思います。自分を成長させてくれる人の近くにいられることは、本当に重要。人は、一人でも成長できますが、他人と一緒ならばさらにそのスピードは上がるように思います。


 
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。