Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
社会起業家叩き?
(走り書きなので、後に修正の可能性あり)
フローレンスの駒崎弘樹さんのブログから。


サイバーエージェント社長 藤田晋 氏
「この世代は社会起業家が増えているというが、その前にすべきことがあると思う。ビル・ゲイツのように死ぬほど稼いで社会に貢献するというなら分かるし、自分もいずれそうありたいと考えるが、経営者として事業を大きくすることが今の目標だ。長く経営者として責任とプレッシャーと闘っている私からすれば、社会起業家はそうしたものから逃げているように見えてしまう。」

元マイクロソフト社長 成毛眞 氏
「もし仮に景気がよければ、社会起業家にはならず、今も外資金融やベンチャーに在籍しているはず。本人たちは、社会起業家としての社会的意義や使命について何ら疑うところはないし、心の底からそれを信じているのだろうが、私に言わせれば経済で先行きが見えないから、別の方面に関心が向かっているだけなのだ。」

マネックスグループCEO 松本大 氏
「厳しいことを言えば、自己の満足という点で、それ(マッキンゼー→ボランティアなキャリアの人)は長続きしないと思う。私は有限なリソースを集中して掘っていくべきだという考えで、自分が決めた仕事や業種に徹底的にこだわって、そこで成果を出そうとする。」


僕がITベンチャーの経営を始めた8年前、彼らは「大企業だけが人生じゃない。挑戦しよう。」というメッセージを若者だった僕たちに投げかけてくれていました。まだまだ彼らの会社は小さいものでしたが、それでもそうした前向きな姿勢に僕たちはキラキラと輝くものを見たのでした。

あれから幾年月。あの頃そうしたメッセージを投げかけていた若きリーダー達は、後輩たちが日本社会のために何とか頑張ろう、と挑戦している姿に対して、「逃げている」とダメだしの言葉を投げかけるようになってしまいました。



これはダメ出しとは思えず、真摯なアドバイスだと感じます。

どんな事業でも、重要なことは、市場を満足させられるだけのモノを産み出せるかどうかにあり、それが社会性を帯びているか否かは、副次的な問題だと思います。 市場が評価軸を見誤ると失敗するというのは、別に新しい話ではないでしょう。 市場にいる人々の考えがすこしずつ変わり、社会性が評価軸の一つとなっていくのかどうかは議論のあるところかもしれません。 10年後の状況を見れば、市場の評価軸の実相がある程度見えてくると思います。

この議論はある意味、芸術品の評価に似ているのかもしれません。多くの人は、芸術品を見るとき、その美しさや技巧の豊かさに惹かれますが、中には、その芸術家の動機や生涯に惹かれる人もいるかもしれません。芸術性を事業性、芸術家の生涯を社会性に見立てても似た様な議論が成立すると思います。 


藤田氏に少しだけ反論すると、僕の知っている人々は、自分の仕事を逃げとは思っていなくて、社会性のあるなしに関わらず事業として自分たちの仕事が成立するかとことん追求しています。
今twitterで受けたマザーハウスの山崎さんからのレスにもよく現れている気がします。(というか、マザーハウスは社会的企業、というより、企業だと個人的に思っていますが)

”社内の議論も9割が事業性、要するにお客様にどんな価値ある商品を提供できるかを議論している。
勿論、理念を通した自分たちの社会の理想像については本当に尽きること無いほど議論している。しているというより、暇があると議論してしまう。”



僕たちがずっと話しているマイクロファイナンスファンドも、規模が小さければ難しいけれど、しっかりと規模が取れればビジネスとして確実に成立する(事実、欧米でのいくつかのファンドは確かに成立している)というのが重要なポイントだと思っています。もちろん、個人的な想いとしては、それが貧困の削減にもつながるというのがあるわけですが。

そもそものところ、僕は未だに社会起業家というものが何なのか良くわかっていないのですが。 正確な定義なしにバズワード・ジャーゴンがひとり走りするのはあまり良くないと思っています。 (個人的には、ファイナンスと開発分野にはバズワードがとても多い気がします)





スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。