Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
高校中退と底辺校
Twitterでやりとりをしていたので、それと関連してのエントリー。

現在年間の高校中退者数は10万人を超えていると云われています。その多くは、いわゆる底辺校に集中しています。この底辺校にまつわるエピソードは、例えば以下のようなものです。
・入試にドラえもんの絵を書いたら合格した(もちろん、試験問題は「ドラえもんを描け」ではありません)
・九九が出来ない
・百までの数が数えられない
・小学三年生までの漢字が読めない
・入学式だけ来てその後学校に来ない生徒がいる
・教師も問題が出ないことだけに躍起になり、非常に厳しい校則を設ける
・問題生徒は辞めさせるように学校が仕向けている
・家庭はめちゃくちゃ。親が帰ってこない、男を作って出て行く、などはざら
・性生活もぶっ飛んでいる場合が少なくない
・入浴や洗顔などの習慣がない
・歯を磨いたことがない


学力で通う学校がある程度決まる状況においては、上記のような人々とすれ違ったことがない人もいるかもしれません。でもこのエピソードは全て事実に基づくものです。

子どもたちが抱える最大の問題は自己肯定感です。自分が世の中に存在してよい理由をこれまでの人生を通じて感じることが一度もなかった子どもたちは、頑張ろうとする気力を持ち合わせていません。この自己肯定感は、どうしても親や共同体に依存することになり、生まれによってかなり左右されてしまうのが現状です。


自己肯定感を持てない子どもたちはあっさりと高校を中退する場合が少なくありません。そして、その後は恐ろしい生活が待っています。

高校入学時にはアルバイトを出来るものの、高校中退をすると、それすら出来なくなります。なぜなら、高校中退者の労働力としての競争相手がアジアからの出稼ぎ労働者や主婦などになり競争が激しくなるのみならず、中退の事実が雇用者に非常にネガティブな影響を与えるためです。

中退後、子どもたちは非常に危険な仕事に着くか、風俗やその他の仕事に流れていきます。先が見えないので希望も持てない。こういった絶望が社会に蓄積されていくと、きっとどこかで爆発が起こると僕は思います。絶望を抱えた人々が子どもを産み、その子がまた絶望の中で育つという連鎖は想像するだけで恐ろしくなります。

少しでも多い人が、この現状をシェアしてくれることを祈ってやみません。問題解決のためのアクションは、すべて現状認識から。


(この分野でオススメの本は、「ドキュメント高校中退」です。)





スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。