Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
使命
ある人が自分の人生に何らかの使命を感じるとき、自らのバックグラウンドを無視することはできない。生い立ちや経験に根ざさない使命感は、浮ついたセリフが散りばめられた映画みたいでどことなく空虚だ。

僕は、仕事とNPOの活動両方について、自分なりに使命を感じている。でも、今日は在日コリアンとして感じている使命にしぼって書き残しておこうと思う。

韓国の済州島からやってきた祖母は、ときどき戦後間もないころのことを話してくれる。朝鮮人だというだけで小さな子どもにまで馬鹿にされ、いじめられてきたことや、とてつもなく貧しかったこと。僕の親の世代であっても、コリアンが日本の財閥系の会社に入ることは不可能だった。僕も親によくこう言われていた。「お前は朝鮮人だから、周りの人と同じくらい勉強ができるだけじゃだめだ。とびきりできないと、やっていくことはできないんだよ。」

親の世代の人々には、海外で仕事についたり、起業したり、もしくは資格を取得して独立して仕事をする人が少なくなかった。パッと見ると華々しいけれど、この選択の背景には、そうせざるを得なかった事情がある。普通に勉強して、普通の学校に入って、普通の就職をして、普通の家庭を築く、というような普通の人生(普通、という言葉は多義的なのであまり好きではないのだけれど)を歩くことそのものが困難だったのだ。リスクをとって挑戦して、豊かになった人はすごい金持ちになった。一方で、挑戦に失敗した人はいまもとても貧しく暮らしている。本当に貧しい人は、コリアンとして生きていくことすら難しかった。

言いようのない悲しみのことをコリアンはハンと呼ぶ。漢字にすると「恨」なのだが、決して恨みではない。途方にくれ、悲しみのうちに静かに涙するような感情のことだ。住む家を追われて、川岸に座り込み途方に暮れながら、涙ながらにホウセンカの歌を唄うのが、僕にとってのハンの心象風景だ。

僕は、どうしても、先祖のハンの記憶を頭から消すことができない。祖父母や親の世代の人々が子どもたちに望んでいるのは、コリアンを読み書き話すことができて、コリアンの名を名乗ってそれでいて世間にも恥ずかしくないように立派に生きることなのだと思う。決して報復を望んでいるわけではないはずだ。自己紹介をするときに、在日コリアン三世で朝鮮学校に大学まで通いました、と話す背景にはそういう意識がある気がする。

使命感は逆境にある人を強くしてくれるが、幾許かの危うさをもたらす場合もある。使命ばかりが頭を占領してしまうと、しなやかさが失われてしまう。しなやかでなくなり、創造性が阻害されると、色々なところで、事がうまく運ばなくなる可能性が高まる。ピンチの時や、重大な意思決定に直面したときに、自分の使命を思い出せるくらいがちょうどよいと思う。

8月15日と1月1日は祖父のお墓参りをして、今の自分の状況を報告する。僕が子どものころに亡くなった祖父は、今の僕をみて、喜んでいてくれるのだろうか、もっとちゃんとしなきゃダメだと叱咤してくれているのだろうか。そんなことをいつも考える。

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。