Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
30にして立つ
「15にして志し、30にして立つ」という言葉は、なぜか肩にずっしりとのしかかっていて、30歳のうちに人生の方向性を明確に決めようと思っていた。

去年の10月に30歳になってからの1年間、これから人生をかけてやることについて色々と考えていて、4つくらいの選択肢を検討していたのだけど、時間の制約の中でいざ何を選ぶかということを考えている間に、色々なものが雨上がりの空と同じくらいにクリアになった。


僕が人生をかけられるのは、世の中の結構大きな不条理を正すことなのだと思う。虐げられている人、代弁されることがない人、貧困の中に死にゆこうとしている人がいる世界の状態を、少しでも良いものに変えられるのであれば、僕は死ぬ時に多少は満足できる。

それと、もう一つ情熱を注げるのは、必要な場所に必要なお金や人・モノが届く世界をつくること。全ての人には自分の力で自分の運命を切り開いていく力があるし、必要なものは平等なチャンスなのだと思う。そのチャンスは必要な場所に必要なお金やモノ・ヒトに提供されることによって、より多くの人にきちんと提供されるはずだ。

世の中を便利な場所にするとか、カッコいいものを作るとか、そういうことは僕の人生のテーマではないみたいだ。テクノロジーの話は好きでワクワクするし、Appleの製品は好きだけど、それを作ることそのものに 情熱をかけられるかというとそうではない。別に便利でなくても人は生きてきたし、かっこいい製品が手元になくても、楽しくやっていけるから。一方で、自分の人生のテーマを達成するためのテクノロジーやイノベーションには興味があるし、それは引き続き探していけたらいいなと思う。


こんな内容のことを、仲のいい友だちに話してみたら、「はあ?何をいまさら・・・」と言われた。周りから見ると明らかなことが、自分にとってはそうでないものというのは、よくあることだ。傍目八目。

なんにせよ、30歳のギリギリのタイミングで何をやるのかが明確に見えたので、30代はどんどん突っ走ろうと思う。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。