Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
2012年の振り返りと2013年の抱負
ライフネット生命の出口社長の真似で始めた今年の振り返りと来年の抱負、ちょっと早いけど今年も書きました。(去年のはこちら。達成率は6〜7割くらい。。)

来年も頑張ります!


1.本業
今年は2つの大きな案件を担当して、個人的には大きな手ごたえを感じられた1年でした。細かい知識や手続きについては弱いところも多いのですが、投資の始まりから終わりまで、だいたいの進め方は覚えられました。かねてから考えていたことですが、来年は新しいことを始めたいと思っています。またタイミングが来たら、ブログでも報告したいと思います。

今年は職場で次の4つを達成したいと考えています。
—ファンドスキームの実務についての知識をつける
—細部の詰めに妥協せずに、全てのドラフトの仕事を最終版のつもりで作る
—図解の能力を上げる


2.Living in Peaceのこと
NPO法人Living in Peace(LIP)を始めて5年になりました。今年のトピックは3つです。

・認定NPOの資格を取得し、今後LIPに寄付されるお金は全額控除ができるようになりました。

・途上国の中小のマイクロファイナンス機関に投資をするファンドは合計5件を企画し、これまでに1億円以上が投資されています。

・国内の児童養護施設向けの寄付プログラム、「チャンスメーカー」には 毎月60万円弱(去年の倍)が集まるようになりました。 お陰さまで、支援先の筑波の児童養護施設の新築が決まり、子どもたちは来年の末から新しい施設で暮らすことができるようになります。子どもたちも喜んでいます。


来年は6年目になりますが、目標は3つです。
—理事会を強化してガバナンスを強めること
—途上国での活動で今までと違う新しいことをやること
—より多くの寄付を集められるモデルをつくること


3. 学んだこと
今年は執筆と関連してイノベーション関係の文献を200以上読みました。結果として気づいたことは、デザイン思考・アブダクション・暗黙知・弁証法・ストーリーとしての思考法、など、様々な名前で呼ばれているイノベーションの手法というのは、基本的に同じことを指しているということでした。

それ以外にも、Google Scholarの引用数トップ100の本を上から片っ端に読みました。毎週1冊読むつもりでしたが、後半に執筆の締切があり失速してしまいました。読んだ本(全て英語)は34冊で、全てにつきレビューを英語ブログに書いています。http://taejunomics.blogspot.jp/

今年読んだ本で最も興味深かったものをいくつか挙げると、「沈黙(遠藤周作)」「貧乏人の経済学(バナジー&デュフロ)」「世界の経営学者はいま何を考えているのか(入山章栄)」「科学と方法(ポアンカレ)」「Tacit Dimension(ポランニー)」「Making Democracy Work(パットナム)」「Mind in Society(ヴィゴツキー)」「The Logic of Scientific Discovery(ポッパー)」でした。

今年はスイスでのSt. Gallen Symposium、中国でのサマーダボスなどにも参加できたのですが、こういった国際会議に出ている同年代の起業家たちから多くの刺激を受けました。世界中で同年代のひとたちがとても面白いことをしていて、自分には何ができるかと考えることが多かったです。英語をもっと出来るようになろうと改めて思いました。毎週日曜日の朝からEconomistを読んで英語で議論する会も続けています。


来年の目標は次の通りです。
—英語のボキャブラリーを2000増やし、英語ブログを100本以上書き、表現の幅を拡げる
—また、本業・執筆に関連して、ガバナンス・ファイナンス・経済学の本・論文を100冊以上読む


4.執筆活動
今年は7月に「ソーシャルファイナンス革命」が出版されました。人間関係と金融とのつながりについて書いた、とてもニッチな分野の本ですが、類書が無いものを書けて良かったと思っています。

今年は他にも執筆をしており、来年出版されると思います。一冊はパートタイムでのアクションに関する本で、2月頃に出版されます。もう一冊はイノベーションに関する(といっても、課題解決の延長としてのイノベーション)本です。もう一冊は暗黙知に関する本です。この二冊は、来年のGW前には出版されていると思います。

来年は、資産価格評価や企業統治の専門的な内容の本を書きたいと思っています。本を書くことで、本業・大学院でこれまで学んだ知識を改めて整理しつつ深堀りしていこうと思います。



5.スポーツ・趣味
今年のレースは、スケジュール調整その他で、佐渡の長距離トライアスロン(3.8km泳ぎ、190km自転車、42.2km走り)と、会津の100kmマラソンにのみ参加しました。トライアスロンでは自転車が故障し、会津では足を負傷するというハプニングがありましたが、どちらも無事に完走しました。

最近、通勤のほとんどはランニングです。10kgの荷物を担いで、片道10kmの道を走っています。通勤電車に乗らないで済むのでとても快適です。

来年のGWには、知り合いと一緒に川の道フットレースに参加します。東京→長野→新潟と520kmを走ります。


今年もライブは一回行いましたし、大好きなフジロックに行くこともできました。ライブでは主に東京事変の曲をやりましたが、ちょっと練習不足でした。来年はちゃんと練習して、もっと良い演奏ができるようにします。それと、フジロックには行けるように予定調整を頑張りたいと思います。


以上です。

30代は勝負しようと決めていました。いよいよこれからですが、全力で楽しもうと思います!


2012年12月23日

慎 泰俊 拝

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。