Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ブログ移動しました
使い勝手の悪さに耐えながら使ってきましたが、このままだと全てTwitterだけになってしまいそうなので、Tumblrに移動しました。

新しいブログはこちらから→ The Minimalist Program
スポンサーサイト
福島原発事故と日本の組織構造
薦められて、船橋洋一さんの「カウントダウン・メルトダウン」を読んだのだけれど、相当に読み応えがある一冊だった。思う所が多かったので、感想をまとめておきたい。

数百にも及ぶインタビューと膨大な資料の読み込みを経て作成された本書では、東日本大震災直後に福島原子力発電所の問題にあたった関係者らの行動と思考が重奏的に綴られている。分かりやすい結論・ストーリーにはめ込むのではなく、あったことをそのままに語りつつ、事態の全容を描き出しているその筆力には脱帽の一言(いつか、自分もこんなものを書けたらよいなと思う)。福島原発事故とは何だったのか、ということを考えてみたい人には、是非に一読をすすめたい。


本書を読みながら思い出したのは野中郁次郎教授らの「失敗の本質」だった。優秀な現場と無能な司令官、タコツボ化した組織における情報共有システムの機能不全(仕事柄、こういう組織のことを「神経系が通っていない」と表現する)という構造は、旧日本軍の時代からほとんど変わっていない。本書に登場する複数の関係者らも、同様の内容のコメントをしている。福島原発事故は、敗戦と同様に、(悪い意味での)日本的組織運営の帰結だというわけだ。

個人的な見解だが、こういった組織の仕組みは風土レベル(生活習慣や言語レベル)で根付いているもので、そう簡単には変わらない。敗戦によってでさえも日本の組織構造の本質的な問題点は変わらなかったのだから、今回の事故によってもそれは変わらないのだろう。本来であれば、株式市場による規律が組織構造変革の呼び水になるのだが、日本では株主によるガバナンスはなかなかききにくい。そういった状況下でも変革に成功している少数派の企業の特徴は、強力なリーダーシップの存在にあるが、これは再現性がない。

「こういった旧態依然とした企業が自然に淘汰されるのを待てば良いのではないか」、というのは気楽だが、そうなってからでは遅い。手術と同じで、変革は元気の残っているうちにやらないと手遅れになることが多い。どうすれば状況を打開できるのか、鬱々と考えている。
慣れと成長
やることがたくさんあって疲れることとか、嫌気が差す人は結構いると思うのだけれど、こういった「大変さ」というのは常に相対的なものだ。実のところ、絶対的に大変なことというのははそう多くはない。例えば、今の僕の生活は相応に予定が詰まっていて、ここ2ヶ月くらい一日も休日がないのだけれど(仕事と執筆とNPOを合わせたらコンスタントに週に100時間以上は働いている)、多分アメリカの大統領とかが僕の代わりをしたら退屈するくらい楽だろうと思う。

何が「大変さ」を感じさせるかというと、それは現在の経験が習慣から外れているかどうかによる。自分の習慣の外にあるものを人は辛いと思うし、その中にあるものは大してつらいとは思わない。他の見方をすると、こういった「慣れ」の範囲を拡げることが、人の成長と言えるのだろう。

慣れの幅は、意外と簡単に広がる。ドストエフスキーは、自身の収容所での体験を語った「死の家の記録」で人は何にでも慣れる存在だと喝破した。収容所の生活でも、戦場での生活でも、なんでも、個人差はあるがすぐに慣れる。

何かに慣れると、今まで大変だと思っていたことがそうでもなくなって、息継ぎができるようになる。そのタイミングでまた自分の慣れの外に身を置くように何か新しいことを始めて、またその状況にも慣れるように取り組む。

千日回峰行という、往復48kmの山を1000回連続で上り下りする修行がある。一度でも失敗したら自殺しなければいけない、大変な修行だ。これをやり遂げた塩沼亮潤大阿闍梨は、苦しい時には「これが自分にとっての日常なのだ」と自分に言い聞かせていたという。これは個人的にはとても納得のいく説明だ。辛いことを日常と思うというのは、すなわち、現在の経験を「慣れ」の枠内に入れてしまうことを意味するから。


このように書いてみても、これがどれくらい伝わるかは分からない。最近つくづく思うのだけれど、人が生きていく上で一番大切な知恵は体験を通じて身に付けるものであって、その体験は意識的に色々なものにチャレンジをしていかないとなかなか巡り合えない。このことを痛感したのは二年前に200kmを走ったときで、あの時の気分はやってみないと多分伝わらないんだと思う。アホみたいに仕事をしたり、全く走ったこともないような距離を走ってみたりしてこそ見えるもの、分かることっていうのは、確かに存在するのだろう。そうして僕達が経験したことをベースにした知恵が、世の中を大なり小なり変えていくのだと思う。




Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。