Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
キャンディ。
 多くの批判を受けるかもしれないが、書く。 これは、個人的な意見に過ぎず、それを利用する人々に対し、なんらの中傷も意図していない。

 小平は小川町にキャンディなる名前の定食屋がある。 名前からして、変わっている。 もとは、喫茶店兼定食屋だったのだが、いまや完全なる定食屋である。
 今も昔も、自分はこの店が好きになれない。 自発的に行くことはない。

 店内。
 ひどい油の匂い。 どころか、テーブルや椅子まですこしべとついている。 店を出ても、服に匂いが染み付く。 不快。
 
 次に、水がとてつもなくまずい。 一口、口をつけただけで参ってしまう。 この水でご飯を炊いたり、味噌汁を作ったりしているわけだから、当然、その味も悪い。 朝大の食堂の方がはるかにおいしい。

 次に、料理が出てくるのがとても遅い。 待つときは、30分以上待つことになる。 酒を飲む場合以外に料理屋で待つのが嫌いな自分には、これもいやである。 

 次に、味に比べ、価格が高い。 コレステロールの塊のようなあの味で、あの価格は、ありえない。 量は確かにあるが、それは、ご飯の量でしかない。 おかずの量はたいして多くない。 体作りのために、ご飯を余り取らずに、おかずを多く食べたい自分には、これもマイナス。

 最後。 会話を楽しめない空気がある。 これが、最大の理由。 
 人と食事に行くのは、なにも、同じものを胃の中に入れるのだけが目的ではない。 それなら、家畜と変わらない。 自分は、人と食事に行く時は、ゆっくりと、その人と色々な話をしたい。真剣な話から、楽しい話まで。 
 なのに、その量のせいか雰囲気のせいかよくわからないが、あの定食屋には、食事を掻きこむだけの所といったイメージが感じられる。 時に、食事に行ったにもかかわらず、お互いが、据え置いてある漫画や雑誌を手にとってそれを黙って読みながら食事を待つ光景を見る。 自分の判断が正しいと思わないが、自分にとっては摩訶不思議な光景。
 その空気は、上で上げた理由+他の客の行動により醸成されているのだと思う。 

 これらの理由から、自分はこのキャンディなるお店が好きになれない。 
 蓼食う虫も好き好きなので、この店に好きな人に何か言うつもりは一切無い。 ただ、自分が好きになれないだけである。 
 さらに、学生の頃には、食堂の代金は前払いで全日分払っているのである。 それなのに、特別な理由なしに、わざわざこのようなお店に食事をしに行く理由が考えられなかった。 特に、学生の時分にはお金が無かったので、そのような食事に行く金があるのなら、その分の金で、古本屋で新書や文庫本の5冊でも買って読むほうがはるかにましであった。 

 今日も、ついつい勢いで入ってしまいながら、激しく後悔している自分であった。 文のとげとげしさの理由は、そこにもあると思われるので、ご勘弁をお願いしたい。
Comment
≪この記事へのコメント≫
やっぱり
キャンディの水ってやばいぐらいまずいよね。
俺は米と脂身が大好きだからキャンディは好きだけどあの水はありえない。
飯を食い終わって味覚がちょっとバカになったら飲むけど
最初は絶対飲めねーなー。
あと味噌汁もまずい。
2005/05/30(月) 03:28:39 | URL | しも #JalddpaA[ 編集]
ですよね!
 あー、よかった。 やっぱり、俺一人のこごとじゃないんですよね。
 じっさい、あの水は、もう、「カルキッッ!!」って感じです。 

 その問題が注文では解決されてるので、そこらへんが、朝大生が注文を多発する理由の一つだったのかもしれませんね。
2005/05/30(月) 22:14:30 | URL | 手順@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。