Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
先物価格によって現物価格が動くことはありえない?
池田信夫氏のブログで、北畑事務次官の発言が取り扱われたいたのですが、すこし不正確な記述があったので、訂正してみようと思います。

つまり先物相場は投機筋によるギャンブルであり、それによって現物のガソリン価格が上がることはありえない。



と書かれているのですが、これは不正確です。 
少なくとも理論的には先物価格が上昇すれば、基本的に現物価格も上昇します。 
ただし、現物にフェア・バリューというのがあるとすれば、それは先物価格の上昇によっても上がらないかもしれません。


野口先生のファイナンスの基礎の受講生の皆さんには分かるとおり、先物と現物の関係を記述した基本的な式は以下の通りです:

先物価格=現物価格×(1+利子率)

この式が意味することは非常に単純です:
今商品を買って一年後まで持っていることと、貯金しておいて1年後にその商品を買う約束を今することは同じだ、ということです。

この関係が崩れるときは、裁定行為によってタダで無リスクで儲けられる機会がなくなるまで、価格は収斂して行きます。



原油などの商品の先物価格を考える場合は、これに加え、二つのコンセプトを追加します:
・保管コスト~倉庫代など
・コンビニエンス・イールド~たとえばいきなりの値上がりに対応することができることによる利益

ここで、石油1円当たりの保管コスト(円)をsとしましょう。 また、石油1円当たりのコンビニエンス・イールドをcとしましょう。 ならば、

先物価格=現物価格×(1+利子率+s-c)

となります。

この式のうち、保管コストについての予測は人々において共通なので比較的安定しているのですが、コンビニエンス・イールドについては人々の間で認識が異なることがありえます。 なぜなら、人々の需給関係に対する予測が、コンビニエンス・イールドには盛り込まれるからです。

ここまでで分かるように、現物価格が上がるということは、先物価格が上がる事と同値です。 保管コストとコンビニエンス・イールドについての認識によほど大きなずれがない限り、先物価格の上昇は現物価格の上昇をもたらし、現物価格の上昇も先物価格の上昇をもたらします。

ものすごく簡単な例をあげましょう。
利子率が5%、保管コスト(%)が1%、コンビニエンスイールドが2%、としましょう。

ならば、

先物価格=現物価格×(1+5%+1%-2%)

なので、もし、先物価格が150円になれば、

150=現物価格×(1+5%+1%-2%)

という式を満足させるために

現物価格は、144円になります。 

もし、コンビニエンス・イールドと保管コストが一定ならば、この価格が崩れると、ただで無リスクで儲けることができます。 実際には、これら二つについては人々の予測に差異があるので、144円ぴったりに収まることはないかもしれませんが、それでも、この周辺に価格が張り付きます。 そして、実際に市場の動きを見てみても、先物価格と現物価格は、ほぼ同じように動いています。


非常にシンプルな話なのですが、このあたりの誤解をしている人は少なくないようです・・・
ニュースの解説者も、たまにわけのわからない事を話していますし。


Comment
≪この記事へのコメント≫
無題
>つまり先物相場は投機筋によるギャンブルであり、それによって現物のガソリン価格が上がることはありえない。

やはりここはおかしいですよね。
裁定取引という観点からの説明はすっきりしていてわかりやすいですね。私の頭の中もすっきりしました。
2008/06/11(水) 14:00:24 | URL | Listlessness #-[ 編集]
Listlessnessさん、コメントありがとうございます。
その後の池田信夫ブログのコメント欄を見ていても、価格とファンダメンタルバリューの考え方に混乱があるみたいですね。 

2008/06/12(木) 00:23:53 | URL | Taejun #-[ 編集]
Blogへのコメントありがとうございました。
> ちなみに、ご紹介されている本も理論的には怪しいと言う人も結構いたりするみたいです
そうなんですか。素人丸出しですね。;-)

円安論とかのポジショントークが多いことは差し引いてみているつもりですが、
一般人が容易にアクセスできない市場についてなかなか懇切丁寧に説明してくれる本がないので重宝していました。

金利先物や金利スワップなどはこの本に載っている程度のことしか把握していませんが、金利スワップを利用した住宅ローンを利用する際に役に立ちました。

私は橘玲や藤巻健史など大衆受けする本ばかり読んでいますが、
もしお勧めの本などがありましたらご紹介いただけると助かります。

初めてBlogを拝見させていただきましたが、いろいろと活動されているようですね。
わたしも勉強させていただきたいと思います。

2008/06/12(木) 10:24:48 | URL | Butineko #goUJXDeo[ 編集]
池田ブログから来ました。

私もよく理解できていないのですが、現物相場が先物相場とリンクして動くのだとすれば、先物相場を吊り上げる資金があれば、需給に関係なく現物相場も上がるということになるのでしょうか?

2008/06/13(金) 00:26:38 | URL | norman #vkcXtX9g[ 編集]
Butinekoさん、

普通のファイナンスの教科書を読むのが一番いいと思います。 ブリーリー・マイヤーズのコーポレートファイナンスの教科書や、野口先生の教科書やらが入り口としては入りやすいと思います。


normanさん、はじめまして。
仰る通り、現物価格も動きます。 そして、これは、需給を反映した結果です。 先物価格も需給で動くわけですから。

ただし、現物価格とモノの価値、は別の話で、これは長期的な需給関係や生産力などによって決まってきます。

これからもよろしくお願いします。







2008/06/13(金) 04:06:42 | URL | Taejun #-[ 編集]
古い本ですが、野口先生は
「金融工学、こんなに面白い」だけ呼んだことがあります。
ブラックショールズ式の計算方法などためになりました。
#今タイムリーにLTCMの破綻劇の本を読んでるところです
#1997~8年は歴史としては楽しいです
ブリーリー・マイヤーズの本も探してみたいと思います。

本の紹介、ありがとうございました。

2008/06/13(金) 10:59:17 | URL | Butineko #-[ 編集]
返信遅れてしまいました。
LTCMも、もう少し持っていたらまた違った歴史を歩んでいたのでしょうけれどね。。 理論そのものは確かに間違っていなかったのに、レバレッジのかけすぎでああなってしまったのは、残念に思います。

ブリーリーの本が基本なので、それを読み終わったら、またご一報くださいね。
2008/06/15(日) 01:16:01 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
池田信夫氏の原油価格の上昇は悪いニュースかを読んでちょっと違和感を感じたのでエントリーを書いてみた。  池田氏のエントリーのタイトルから先進国/新興国の消費国から産油国への富の移転について書かれているのかと思ったのだが、内容はお得意の官僚批判にから始ま
2008/06/11(水) 15:49:21 | Butinekoの世界
池田信夫Blog:原油価格の上昇は悪いニュースか で、池田先生は経産省の北畑次官の発言 米系証券の投機に「怒り」 経産次官、原油高騰で を...
2008/06/11(水) 19:09:43 | 若だんなの新宿通信
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。