Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
開発の勉強会の名前がついに決まりました。
次回の勉強会は7月5日です。
品川に午後5時集合なので、興味のある方はメール
taejun.shin[at]gmail.comに連絡ください。 詳細をお送りします。


去年の10月28日に設立したので、もう半年以上、「開発勉強会」なる非常に胡散臭い名前で、色々な会議室を借りたりしていたのですが、ついに、名前が付きました。

Living in Peace

になりました。 

意味は、「平和のうちに生きること」です。

思えば、このコンセプトは僕が憲法に触れて以来8年間僕のものの考え方の支柱になってきたようです。

日本国憲法の前文には、次のような文言があります。

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」



この前文を根拠とした平和的生存権の存在を日本で初めて提唱したのは、僕の学部時代の指導教授、星野安三郎先生でした。もう齢80にもなる先生から戦争の体験談などを聞きながら、また、毎日のように議論をしながら僕は学生時代を過ごしました。学部時代の卒業論文が、他の先生に「法律の論文でない」とけなされた時も、一人誉めてくれたのが星野先生でした。先生から受けた影響ははかりしれません。

人々が平和のうちに生きるためには、圧政や戦争そのものだけでなく、(物質的にも精神的にも)貧困からも抜け出さないといけない、だから、日本国憲法の前文には、「恐怖」という言葉のみならず「欠乏」があるのだと、先生はずっと話していました。これは、ジェフリー・サックスが常に話していることでもあります。

僕は自分の生い立ち上、政治家にはなれないとわかっていたので、貧困をなくそうとぼんやりと考えていました。僕の身の周りにはなぜか非常に苦しい生活を送っている人が少なくないのも、このように考えた理由なのかもしれません。それで僕はビジネスの道を選んで、いま色々な紆余曲折を経て、現在に至ったわけですが、金銭的に裕福であっても心が豊かになれるのかというのはまた別問題だという事もひしひしと感じています(だからと言って金銭的な貧困の問題の解決が無意味だとは決して思いません)。

今になって自分の18歳からこれまでの足跡を定義しなおすと、僕はより多くの人が本当の意味で平和に生きられるようにしたいという問題意識の下に、行動をしてきたのだということに気付きました。 自分のすぐそばにいる人もそうだし、まだ会ったことがない人についても。将来、人を大切にする会社をいっぱい世に出せる金融機関を作りたいのも、人々が心に平和をもって働けるようにしたいためでした。貧困の問題に僕が関心を持っているのは、貧しい事というのがとりもなおさず、平和(例えば貧しいと家族喧嘩をせざるをえなくなることがあります)の問題と関係しているからなのだと思います。 


ジェフリー・サックスの『貧困の終焉』を読んで、とにかく行動を起こそうと思い立って、勉強会を始めて、そして、少し前にあるNGO連合がG8に提出する人権関連の提言文を翻訳した時、この自分の原点というか、根本的な問題意識を思い出しました。8年越しに帰ってきた感じです。


今は、人々が平和のうちに生きる、この当たり前のことが、戦争や内戦がある国ではもちろん、戦争のない日本でも脅かされています。(注意:心に平和を有しながら働くことと、安穏に働くことは違うと思います)

より多くの人々が平和に生きられるようにしようという理想を持ちながら、論理的・現実的で冷静に問題解決の方法を考え、具体的にアクションをしていけるような勉強会になればと思っています。 貧困の問題に焦点を当てながらも、それ以外の問題についても敏感にアンテナをはって今後とも勉強と行動をしていきたいと考えていますので、どうぞ、Living in Peaceをよろしくお願いいします。


Comment
≪この記事へのコメント≫
ああ、出たい…無念です。
もしも俺が総理大臣だったら、てじゅんさんに経済を取り仕切ってもらうのだが…なんていう妄想はずいぶん前から持ってました。(苦笑)
2008/07/03(木) 03:44:45 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
持ちあげすぎです。。 
2008/07/04(金) 12:11:21 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。