Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Affinity英語学院、English Pro雑感。
そうそう、ちょっと前までの2カ月間、留学をしようとしていた時期にお世話になって、今もお付き合いさせていただいている野口先生の英語塾に通っていました。 
http://www.affinity-english.com/index.html
授業のお値段が高いかどうかはよく分かりませんが、大手予備校に比べると割安なのは間違いないと思います。

僕がとったのは、テスト対策系ではなく、純粋に英語力をアップさせるための”English Pro”というクラス。野口先生が、自分の今までの英語教育の集大成とおっしゃっていただけあって、すごくためになりました。

英語という言語体系に対する理解に基づいて、文法を習うので、かなり理解が定着しやすいです。 単語の覚え方についても、語源を使うものや、ダジャレを使うものなど、さまざまな覚え方は非常に役に立つものでした。 また、発音に関しても、日本語を使う人だからこそわかる上達のコツがあるので、それらを学んだ事はすごく有意義でした。 野口先生はカウンセラーの資格も持っているので、この授業では、英語のみならずちょっとした心理テクニックも習ったりします。これは、試験の時ならず日常生活にも活用できるものだったと思います。 

ただし、受講生の意欲によって、この講義の価値は全然違うものになると感じました。 先生は教育熱心なので、質問にはすべて答えてくれます。 日頃英語について聞きたい事がいっぱいあるという人にとっては、9万6千円はペイする値段なのだと思います。


ここで習ったものを、普段の生活でも少しずつ活かしていきたいところですね。せっかくいろんな国の人と仕事をするのですから。 とりあえず、最近はEmailのaとTheの使い方に気をつけるようになり、なるべくストレートな表現を使えるように推敲するようになりました。


ちなみに、野口先生の英語塾は少人数性なので、時によってはかなり早い段階で予約が締め切りになったりもします。 お申込みは、お早めに。 ちなみに僕は、腕試しを兼ねて新TOEFL受験を考えているので、またちょっとしたらこの学校にお世話になるかもしれません。
 
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/21(月) 19:19:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。