Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
7月ニュースまとめ2。
では、続きで、個別企業の状況と、政治と、その他。

個別企業

最近調子が良くないスタバが、500点を追加閉鎖し、1万2000人の人員削減をするとのこと。 タバコが嫌いな僕としては、スタバは最高の本読み場なので、日本での影響が軽微であることを願います。 シーメンスなども同様に1万7000人を削減するなど、厳しい状況にある一般事業会社は多いようです。

ITの大手はいまだに好調で、グーグル、マイクロソフト、アップルらは引き続き4-6月期で増益を達成しています。それぞれ、46%、42%、31%の増益。アップルは今期はパソコン販売が過去最高だったようです。僕もマックユーザーの一人になりたいのですが。。
グーグルの決算発表後、株価は下落しています。大幅増益で株価が下落するのを奇異に思う人がいるかもしれませんが、市場というのは増益の予想をすでに株価に織り込んでいるので、現在の株価の変化は、増益そのものによってではなく、その増減益が市場の期待に比べてどの程度の水準にあるのか、という点により決まります。教科書的な事例ですね。

GEも4-6月が5.8%減益で、レイクの売却を決定しました。買い手は新生銀行で、お値段は5800億円。

金融機関はなかなか大変な状況です。書きすぎてもう感覚がマヒしているのですが、4-6月期のアメリカの大手金融機関のサブプライム損失は5兆3000億円にもなります。メリルは四半期連続赤字を受けて、9000億円を増資し、さらに保有していたブルームバーグ株を手放しています。

こんな状況でKKRがNYSE(NY証券取引所)に上場を目指しています。通常、上場をするのは、市場からの不必要な介入を受ける事と資金調達の可能性が増す事のトレードオフとも言われるわけですが、すでに資金調達においてはあまり懸念のないKKRが上場した理由については、色々な憶測が飛び交っているようです。(一時期は、キャピタルゲイン=創立者の退職金説がありましたが、さすがにこの状況でそれは考えにくいかもしれません) 同社の時価総額は1兆3000億から1兆6000億になる見込みです。

日本の金融機関は、比較的被害が小さいので、最近は海外進出を強めている感があります。東京海上はアメリカの損保フィラデルフィアを5000億円で買収すると発表しましたし、他にも金融機関への出資などを続けています。大和証券グループもインドで本格的に活動を開始するそうですね。



政治

WTOの交渉は決裂しました。大国主義をかざす国が増えると、確実に交渉は決裂し続ける気がします。そもそも論として、先進国においては特に、関税がない方が長期的な経済発展に資すると思います。

モンゴルでは、不正選挙がされたとして大規模なデモが起こりました。国民の3%以上が参加したようで、遊牧民が多くを占める同国の状況を考えると、相当な大規模デモだったのだと思います。

金剛山で、韓国人女性が殺害されたことが南北間で大きな問題となっています。事実関係は謎のままですが、韓国では今も数多くの人々が米兵によって殺されたりレイプされていることを忘れてはいけないと思います。人の死を相対化することが正しいとは思いませんが、もっと全体を見る必要があるのかもしれません。

僕にとってようわからないのが、竹島・トット(竹島のコリアンでの呼び名)の領有問題。誰も住んでいない島なら、問題は経済的利益だけであって、大きな感情を呼び起こすものではないと思うのですが… そもそも、土地についての僕の観念が希薄なのかもしれませんが。

セルビア人勢力の指導者で虐殺の指揮者とされるKaradzic氏が逮捕されたことは前に記事に書いた通りです。 ジンバブウェでは、ムガベ大統領率いるZANU-PFと、対立党のMDCが交渉中のようですが、これが平和的な権力移譲のプロセスとなることを願います。

アメリカで盗聴法が成立しました。これからは断りなしに個人間のやり取りを政府が盗聴できるようになります。むかーし、どこかの米雑誌を読んでいた時にある情報関係者が話していたことが、僕の頭を離れません。「プライバシーなんて、頭の中だけで十分だ。」


その他

気になったニュースをクリップ。

日弁連が、受け入れ先が準備されていないとのことで、弁護士の増員をペースダウンすることを提言しているそうですが、意味が分かりかねます。その理由としては、
・そもそもこういう事態になることは制度が決定する前から分かっていた点
・有資格者が多くなれば、市場原理により、長期的には確実に弁護士の質は上がる点
などがあります。
もっとそもそも論として、資格試験を難しくしすぎるすることは、有資格者の水準を低める方向に働くと思われます。なぜなら、資格試験では、有資格者が持つべき優れた資質のすべてをテストすることができないからです。

ライブドア事件では、堀江被告に二審も実刑判決が下りました。 いよいよ最高裁です。

イチローが日米通算で3000安打を達成しました。
イチローのすごいところは、自分をとことん客観化できる精神の力と、やるべきことをやり続けられる力にあると思います。最近の彼のインタビューは、スポーツ選手というより、芸術家じみています。彼の発言からは、見習えることがいっぱいです。


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。