Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「選択」。
ヨールさんから推薦された雑誌、「選択」。 

1281679590.jpg


一年購読で先月号から読んでいるのですが、素晴らしい雑誌です。

文章に含まれている情報の質と量の密度がとてもが高く、取り扱っている対象も僕にとってはとても興味深いものが多いです。主張されている内容も、筆者たち自身の意見だと感じることができます。ただし、(同様に購読しているThe Economistについても同じなのですが)情報の質が非常に高く主義主張が自己の知見に立脚していることと、その記事でされている主張に賛同する事はまた別の話です。

週刊誌はThe Economist、月刊誌は選択で、僕の購読する雑誌は決定しました。 もっといいものが見つかるまでは、これらを読み続けようと思います。20代の読者が全体の0.9%しかいないらしいのですが、周りの20代にぜひお薦めしたい雑誌です。 (購読はhttp://www.fujisan.co.jp/product/1281679590/からできます)


(「選択」ホームページに記載されていた、本雑誌の愛読者のコメント)



小泉純一郎
● 虚実入り交じった情報が氾濫する中で私の目の前にも週刊誌、月刊誌が山のように積まれているが、必ず手にとって愛読するのが『選択』である。
軽くて薄い雑誌だが政治記事は勿論、外交、経済も中身は濃く参考になる。
毎月、楽しみにしている。


奥田 碩 (トヨタ自動車株式会社 取締役相談役)
● 『選択』を初めて手にしたときは、様々なチャンネルから流れ込んでくる情報が、『選択』を読むことによって整理され、ひとつの流れとして理解できることに心地よさを覚えた。
爾来、「国際問題」・「政治」・「経済」・「社会・文化」など幅広い分野にわたって、第一線の専門家が執筆する質の高さはもとより、精緻な分析にもとづく鮮やかな切り口に魅せられて欠かさず読んでいる。
長年の愛読者のひとりとして、より多くの人々に読んでいただき大いに活用してもらえるよう期待している。


丹羽宇一郎 (伊藤忠商事株式会社 代表取締役会長)
● 一般情報誌として第一号発刊以来数十年たった今でも、『選択』は新鮮で採りたての香りがする。世相の代弁者としての自覚と世相に敢えて反論するという勇気、そして、世相を予見する能力が充満しているからだ。それらのレポートやコメントの簡潔性が、また読者の頭脳に鋭利な刺激をもたらす。だから、時間がたっても色褪せない。編集に携わる方々のセンスに感動するとともに、その努力に対しても大いに敬意を払いたい。


筑紫哲也 (ジャーナリスト)
● 糖衣にまぶされ、俗説に支配された水増し情報が溢れているなかで、『選択』は尻尾までぎっしりアンコが入っている鯛焼きのような雑誌です。私自身、これほどいつも隅から隅まで読む雑誌は他にありません。
今は専ら読者ですが、かつては執筆者だったこともあります。が、「無名」を原則とするこの雑誌のバックナンバーをいくら引っくり返しても私の名はありません。今も同様ですが、この雑誌の背後には、無数の現場からの情報源が潜んでいます。
このネットワークに加えて貴重なのは、とかく一方向に流れやすく、通説、俗説に支配されやすいこの国のメディアの中で、鋭い異説、卓説が提示されていることです。この全てに同意できない読者であっても、それは「自説」をきたえるために有効かつ刺激的なはずです。限定部数を守り、結果的に読者が「選択」されているのも魅力のひとつです。


Comment
≪この記事へのコメント≫
聞いたことなかったけど、一部の人達の中では名の知れた雑誌みたいだね。是非読んでみるよ!!ありがと!!
2008/08/31(日) 23:50:56 | URL | リョンボ #mQop/nM.[ 編集]
うん、そうしてみておくれ^^。
2008/09/02(火) 08:07:35 | URL | Taejun #-[ 編集]
選択…
両誌ともに読みたいのですが…(汗

ところで、今のうちに取引商品としての日本国債は売り時じゃないかと思ってたりします。

http://www.aso-taro.jp/lecture/kama/2007_4.html
2008/09/03(水) 04:30:18 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
読んでみました~
すごいですね。領域の広さ・深さ・中立性いずれも。

とくに、「日本のサンクチュアリ」シリーズは
秀逸だと思いました。
2008/09/03(水) 21:55:02 | URL | フジユキ。 #-[ 編集]
三浦介さん、選択は特にいいですよ! 月刊誌なので、ゆっくり読めますし。

フジユキ、そうなんだよねー。 僕もその巻末の部分が一番好きかも知れない。とても興味深いです。
2008/09/04(木) 09:43:31 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。