Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
トライアスロンレースの顛末。
mixi日記をコピペ(若干修正あり)。 
前日10時に東京を出る。
12時過ぎについて、13時のジェットフォイルに乗る。

これ、なんと、水中に羽があって、走るとき結構浮く。
そのおかげで、スピードが出るし、波ゆれがなく、とても快適。

3時くらいに着いたのだけれど、ここは両津港。
レース会場は島の反対側。バスに乗って移動する。

レース会場の近くで、いつもお世話になっているおみのさんにあずかっていただいた自転車を引き取って、会場へ。

会場で登録して、宿に行く。


旅行会社の都合で宿が変更になり、けっこういい旅館に泊まれた。ラッキー。

温泉に入っている人の8割がムキムキで、異様な光景だった。


ご飯をたっぷり食べて、寝る。



・・・


次の日は5時起床。
準備して、温泉に入ってからだを起して。

心配だった膝に伸縮テープを張る。
左側の外側が少し失敗。←これが後に大変なことになる。


あれよあれよという間にレースはスタート。


1000人くらいが一斉スタートすると大変なことになるので、一番後ろから行ったのだけれど、、失敗した。

前が遅すぎて、しかも団子になっているので、全然スピードが出せない。いつも通り足を引っ張る人とか、体に手をかける人とかもいるし。

そんなこんなで、2kmの泳ぎは45分と、予定より5分以上遅く終了。


自転車は、とにかくすっとばす。
途中でものすごいスコールに見舞われ、つけていたipodが無事かびくびくしながら走る。

ただ、途中から左腰に痛みが。 痛みはいつもあるのだけれど、左だけ、というのは変。

それでも自転車を走らせていたら、左ひざも痛み出した。 よく左ひざを見ると、理由判明。 

左ひざ、内側だけ伸縮テープが生きていて、外側がまったく用をなさない状態。そして、僕が本来強化しないといけないのは外側。 
結果、左の内側がいつも以上に強化され、その反動が外側の筋肉に来ていた。 左ひざが、こぐたびにありえない動きをしているのを見て、ぎょっとする。 普通、自転車で膝が痛くなることはないので、早めに気付くべきだった。たぶん、腰もひざのせいなのだろう。

後の祭り。のこり35kmだったので、膝のフォームには気を使いながら走り切る。

結局、自転車は3時間50分くらいでフィニッシュ。大雨を考えると、まあまあのタイム。


そして最後の20km走り。

いや、ウォーキングか。 最初の3km地点で左ひざのいつも痛くなる部分が痛み出す(この痛みは、当初は15km地点で来るものと予定していた)。17kmを気合いで走ることは不可能なので、早歩きに転向。ひたすら「ミュージックアワー」と「ステレオ全開」を聞きながら、1km8分30秒くらいのペースで進む。

最後の最後は歩きでさえも膝が痛い状況。

けれど、競歩スタイルで20kmを2時間30分で歩き切る。

で、合計7時間15分くらいで終了(上の数字と合わないのは、靴の履きかえとかの時間が入っていないため)。


教訓

①準備は万端に。 伸縮テープを2本持ってきていたら、はり直しができたのに。 起きる時間もすこし早くしよう。


②足の筋肉をつけよう。 歩きでも太ももが痛くなったのは、筋力不足の証拠。 足に筋肉があれば、膝も保護されるし。最近は泳ぎを多くしすぎている嫌いがあるので、ちょっとバランスを修正しよう。 
、、、いよいよジムにも入会しないとダメかな。 機械と一緒に練習するのはいやなのだけれど。


③バイクの練習量を増やそう。何かと時間がかかるので、なかなか練習をする気になれないのだけれど、日頃からやっていないと、結構大変なことになる。特に、いつも腰が痛くなるのをトレーニングして直しておかないと、190kmは走りきれそうにない。


隣でアイアンマンレースのランナーの体つきを見ていたのだけれど自分はもう少し鍛えないとだめだ。 時間制約はあるけど、計画的にトレーニングしよう。


来年はいよいよアイアンマンレースだ!

(気になる内訳は)
泳ぎ:4km
自転車:190km
走り:42.195km
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。