Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
雑感。
大変な状況になっていますね。NYの市場が開いたので、残る投資銀行2社の動きをYahoo Financeで追っかけているのですが、空売り規制がかかった後も、下げてスタートしているようです。Goldman SachsもMorgan Stanleyも、どちらもつい先日発表した四半期決算の成績が決して悪くなかったにもかかわらず、このブログを書いている時点でどちらとも前日比10%以上減になっています。金融のシステムが信用の連鎖で成り立っているということを、文字通り痛感する今日この頃です。信用のドミノ倒しが起きていますね。

状況がついに他人事でなくなってきたわけですが、僕には自分の目の前の仕事を一生懸命やるしかないので、やれることをやろうと思いますし、こういうときにいつものように行動することはとても大切なマインドセットだと思っています。あまり心の動揺はありません。お金がなくて学校に行けるかどうかすら分からなかった時に比べたらはるかに良い状況にいるわけですし。その時、なんにせよ健康な体と友人があれば生きていけると心から思ったのですが、それは今も変わっていません。

一番大変なのは、外資系金融機関への内定が決まっていた学生たちなのかもしれません。もともと働いている人であれば、それでも過去の職歴で他に移ることも可能かもしれませんが、学生の場合、いきなりフリータースタートです。学生たちの人生にっては大きな打撃ですし、また、社会全体にとっても大きなマイナスになると思います。こういう事態が起こることを考えると、学生保護のために、何らかのリスク回避システムを用意しておくのが良いのかもしれません。たとえば、第一志望・第二志望・第三志望までは契約書にサインできるようにするとか。

なんにせよ、未曾有の時代に生きている感があります。こういう時代の潮目をよく見ておいて、将来に役立てようと思います。
Comment
≪この記事へのコメント≫
原油価格も下げ止まらないようですが…これにより息を吹き返す業界もあるのではないでしょうか…??

バイオエタノールの価値も連動するならば、穀物価格も下がり始めるはずだと思うのですが…
2008/09/19(金) 18:21:02 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
原油価格が妙な高騰から収まった事により日の目を見る業界もあるかもしれませんが、問題は、これら価格の下落が金融不安に始まった生産活動の停滞によってドライブされている側面が強いという点にあります。

たとえば、航空会社が原油価格の下落でコストを抑えられたとしても、人の経済活動が停滞するとお客さんが減ってしまうのです。なので、息を吹き返すかどうかは、まだ分からないといえると思います。


2008/09/19(金) 22:19:23 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。