Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
No last man standing.
なかなか忘れられない一日になると思います。9月21日をもって、投資銀行の歴史が終わりました。

LehmanのCEOであるRichard FuldがLast man standingと呼ばれBloombergの雑誌の表紙を飾っていたのは、1年くらい前でした。 そして、Lehamanも破綻し、最後まで残っていた純投資銀行のMorgan StanleyとGoldman Sachsのどちらも、商業銀行(いわゆる銀行)への転換を余儀なくされました。得ることになるであろう身の安全の対価は、当局による厳しい規制であり、これは、高リスク・高リターンのビジネスモデルを変容させるのかもしれません。MSは早速三菱UFJFGによる20%出資を受け入れたのですが、これが商業銀行化への始まりになるのかもしれません。

業態が変われど僕の仕事が変わるものではないことは分かっているものの、感じることは大きいです。一つの時代が終わりを告げ、新しい時代が始まるこの時期に、今の仕事をしていることは非常に良い経験なのだと思います。正直、僕は調べ物をするとき以外には、企業の株価を毎日追ったりなんかしないので、今回のように毎晩金融株の動きを見ていたのは生まれて初めてのことでした。今回は何か違う、という実感が確かにあったからなのだと思います。


両社の舞台裏も、トップの意思決定の過程も、それを受け入れたFRBの人々との交渉なども時間が経つ毎に明らかになっていくことでしょう。頭の中で色々と想像をしつつも、今はミネルヴァのフクロウを決め込むことにします。

Comment
≪この記事へのコメント≫
川本先生の授業ででた、「笑い話」がもはやこうした
現実になろうとは、、、驚きです。

変化の渦中にいらっしゃる意義はきっと大きいと思い
ます。客観的視野を大切に、お仕事頑張ってください。

個人的に、日本のメディアがまたとんちんかんな報道を
しないことを祈るばかりです。
2008/09/23(火) 13:37:46 | URL | フジユキ。 #-[ 編集]
お金を創造していたのはやっぱり投資銀行だったんですね・・・
http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771&hl=en

2008/09/23(火) 23:43:50 | URL | masato #-[ 編集]
ふじゆきさん

そうだね。あの時は結構真面目に考えていた人は少なそうだったけれど、大英断だと思う。

これで、変な敵対的買収嫌悪心が薄まればよいのだけれど。


masatoさん、
はじめまして。コメントありがとうございます。
おっしゃる意味がよくわからないので、もしよかったら、その理由を教えていただけますか?

2008/09/25(木) 01:43:20 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。