Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
猜疑の均衡。
最近やけに忙しいです。 仕事以外でも色々と。
こういう時だからこそ、自分をよく見つめる機会なので、きっちりとやるべきことをできるようになりたいですね。

株価はついに1万円割れです。

銀行取り付け騒ぎや信用収縮というのは、ナッシュ均衡なんですよね。 大勢の人間心理が一度片方にふれてしまうと、お互いを疑うことが、均衡になってしまう。 こんな研究をした経済学者がいたのですが、彼は何がきっかけでこの信頼の均衡が猜疑の均衡へと移るのかについては説明できませんでした。
ただ、インターネットの発達は、この猜疑の均衡を引き起こしやすくなるのではないかと、個人的には感じています。とくに、ネットによくある質の低いノイズ情報が。 これをうまくモデルに当て込むと、解を求めることができるようになるのかもしれません。 (って誰かすでに研究してそうですね) 明日単純作業中にでも、妄想してみることにします。






Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。