Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
高橋尚子の引退。
少し遅れてしまいましたが。

スポーツ選手だけでなく、ほとんどすべての人について言えることなのですが、絶頂の時にいい顔をするのは誰でもできることで、難しいのは不遇の時期にもめげずに真摯な努力を続けることにあるのだと思います。 その意味で、野茂は僕にとってはやっぱり最後の最後まですごくかっこよかったです。

高橋尚子も、ひざのケガを抱えて、満足に走ることができない状態にあっても懸命に努力を続けていたその姿が、金メダルを取った時よりもはるかに印象的に残っています。

人間が困難に立たされた時にとる行動は、決してその一時点だけに限定されたものではなく、その人の人生の歩き方そのものに一般化できるのだと思います。不遇のときにもじっと忍耐と努力を続けられる人は、とても実りある人生を送ることができるのではないでしょうか。

高橋さんの今後の人生も、より彩りに満ちた素晴らしいものになることを心から祈っています。



ずっと聞き続けてきた曲が、B'zのUltra Soulだそうです。
ちょうど最近なぜかB'zブームでPleasureとTreasureを聴いていたので、奇遇でした。
(今なぜかはまっているのは、愛のバクダンのギターパート。)

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。