Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
気になったThe Economistの記事(続き)
マイクロファイナンスのフォーラム、すでにかなりの数のお申込みを頂いています。ありがとうございます! (ちなみに僕も30分ほどのプレゼンをします。どきどき)
まだ登録されてない方は、下記からどうぞ。

http://my.formman.com/form/pc/EFvS5bTNKfqK2QPB/



では、本題。

On the edge
破綻の危機にあるアメリカの自動車メーカーのお話。
最近も同社のCEOたちが議会に対して、自動車産業の破綻は市場にシステマティックな影響を与えるという理由で救済を求めています。金融機関の時と同様に、救済は市場の発展のためには望ましくないのですが、この救済はなんだかんだ通りそうです。
自転車族の僕としてはよくわからないのですが、自動車って、こんなにいっぱい世の中に必要なんですかね。。



Place your bets
CWB443.gifマカオのカジノビジネスのお話。ずっと堅調に成長を続け、ラスベガスのようなカジノ都市を目指すマカオの成長にも、不況の影響により陰りが見え始めているそうです。 (といっても、グラフの2008年は第三四半期までのものなので、まだどうなるかはわからないのですが)







Face Value / Portal of doom
Yahoo!のCEOのJerry Yangがstep downしないといけないという主張をしているもの(この刊行時にはまだYang氏は在職中でした)。The economistによれば、創業者である彼が雇われCEOの辞任後にその後釜に座ったのが間違いの始まりだったと指摘しています。


Turning JapaneseCFN456.gifアメリカの政策金利が日本のそれに近づいてきているにもかかわらず、実効金利は現時点でほとんどゼロに近い状態に張り付いてしまっています。金利の引き下げ以外の景気刺激策が必要なのかもしれません。






An appetising spreadD4608FN2.jpg世界でお金がだぶついていた時期には、企業は非常に低い金利(スプレッド)でも容易に資金調達ができたのに、今やどんなに金利を上げてもなかなか資金調達をしにくくなったというお話。
絵が秀逸です。 (このトーストの上に塗ってあるのもスプレッドで、これとかけているわけですね)



A tunnel, no light
非常に深刻なお話。CFN445.gif
90年から現在まで、日本の製造業の生産高はほとんど成長していないという事実が指摘されています。




Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。