Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
人は自由だ。
バガボンド 29 (29) (モーニングKC)バガボンド 29 (29) (モーニングKC)
(2008/11/28)
井上 雄彦吉川 英治

井上雄彦はいったいどこまで行くんでしょうか。すごいです。

文中で沢庵が言っていた、言葉を一つ引用(手元に本がないので原文ママではないのですが)。


人間の運命は天によって完璧に定まっているが、それでいて人間は完全に自由だ。


運命というのはあるのだと思います。どうしようもない流れというのはあって、人間はその中に浮かんでいるに過ぎないのかもしれません。いきなり強制収容所に入ることになったり、家が火事にあったりするかもしれない。

しかし、人間はそれでも完全に自由であると沢庵和尚は喝破するわけです。

これは、3年前の僕にはわからなかった言葉だったと思うのですが、今ならずいぶんと分かるようになった気がします。そう言えるのには、2つの理由がありそうです。一つは精神レベルでの理由で、もうひとつはアクションレベルでの理由ですが。


第一に、どのような状況下でも、人間は、自分の心のあり方を決め、自分の生き様を決められるという点において、完全な自由を有しているということ。運命が完全に定まっているのだとしても、まだ一番重要な人生のキャスティングボード、自分の在り方を決める事、は個々人の手にゆだねられているのであって、だからこそ人生はかけがえがなく、素晴らしいものなのだと思います。

第二に、運命が川の流れのようなもので、それを変える事は出来ないとしても、その流れの上で人は泳げるということ。客観状況がどうあれ、それを変革しうるだけの機会は、多くの場合与えられているのだと思います。


人間が生きていられる時間は泡沫のようなものなのですが、その限られた時間の中で常にベストを尽くしていきたいと、いつも思います。

Comment
≪この記事へのコメント≫
同感です!
2008/12/04(木) 19:01:48 | URL | yuna #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。