Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
組織変革について。①
 将来バイアウトファンドを設立するときのために、理想的な組織のモデルについて研究中である。 組織として最高のパフォーマンスを発揮できるのみではない。 その中にいるすべての人がお互いに信頼し、仕事にやりがいを見出せる、そんな組織である。 

 バイアウトファンドとして、経営に介入する。 
 組織を改革し、その組織が成果を収める。 
 同様の事例を、同時期に数個手がける。 
 それにより、そのモデルを社会に浸透させたい。 企業組織のあり方から、社会改革をしたい。 多くの人は労働者であり、労働をしているのだから、企業のあり方の改革は社会改革に対して最も強い影響を与えると思うのである。
 憎しみや利己の連鎖から、信頼や助け合いの連鎖へと社会を変えたい。
 以上、自分がファンドを通じてやりたいことの一つである。

 しかし。
 理想的な組織のあり方について論じられるほど、まだ準備が出来ていない。
 代わりに、改革そのものについて、数回にわたって論じてみようと思う。 「どこに行くか」よりも、「どうやって行くか」について考えるほうが、通常簡単であるから。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。