Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
3/8、もしくは3/4。
今年からまたプロの人にドラムを習っているのですが、学ぶことがとても多いです。

最近習ったことでいちばん印象に残っているのは、4分音符の中の3分音符のお話。

アメリカでは、そもそも論として、8ビートや16ビートなどという言葉がないそうです。(!) 

先生は自分が初めて日本に来たとき、この単語に戸惑ったとのこと。全ての音楽は皆ジャズの影響を強く受けているため、全ての音楽は3分で成り立っていると考えられているそうです。ブログでこの3分がどういうものなのかを書くのは面倒なので省きますが(話せばすぐなのですが)、この3分はグルーヴを生みだすと同時に、リズムキープにも一役買っています。実際練習してみたのですが、確かに、3分刻みを意識することにより、単調なビートの刻みにもうねりが出てきました。感動。

目標はよいファンクドラマーになること。
今はRufusの歌を練習中です。
それと、今年の目標は年に3回ライブをすることなので、よいバンドも探さないと。
Comment
≪この記事へのコメント≫
お久しぶりです。前本を書いてると言った内容の記事にコメントさせて頂いた者です。

アメリカには8ビート等の言葉がないのですね…。びっくりしました。僕も実は音楽をしているのですが、初めて知りました。

その辺りに、日本のミュージシャンとの違いがあるのでしょうか…。グルーブ感?ノリの違い?その辺りのヒントが隠れているような気がします。
2009/03/15(日) 01:35:33 | URL | rod #-[ 編集]
おむあんさん、いえ、面識はないと思われます・・・

rodさん、お久しぶりです。
先生の話は20年くらい前のことみたいでしたが、意味が分からないかったそうです。僕もびっくりしました。
123123とカウントしながらエイトビートを聞いている(よって、カウントがオーバーラップする)と分かりますが、微妙なグルーブ感が出てきます。これは確かに不思議な感覚で、ノリがでるのみならず、はしりやもたりを抑えてくれるそうです。



2009/03/16(月) 01:14:28 | URL | Taejun #-[ 編集]
ファンクバンドぜひ、見に行きたいです!

ファンクバンドでは無いですが、この前
HIPHOPバンドのthe rootsをミッドタウンに
見に行ったとき、ドラマーのクエストラブが
ミッドタウンを観光してて、そのときに握手
してもらいました。

直径50センチのアフロが素晴らしく
背も190くらいありました!
2009/03/23(月) 04:59:15 | URL | さねしま #-[ 編集]
いつライブができるのか分からないですが、ぜひお呼びします!
今週末もよろしくです!
2009/03/25(水) 01:37:26 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。