Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
バンプアヘッド。
組織論は、明日再開。
MRBIG_BUMP.jpg


 ドラムを始めたのが、大学一年生の八月。
 その後、自分の好きなバンド音楽遍歴は、数奇な道を歩いてきた気がする。 多少のずれはあるのだが、大まかに言えば、以下の通り。

 第一期:日本のロック。 初ライブで演奏した、ブルーハーツ、ハイロウズ、ブランキージェットシティー、など。 影響を与えたのは、大学時代、一緒にバンドをしたことがある友達。

 第二期:洋楽のハードロック・メタル。 きっかけを与えたのは、クラスの番長とプロレス大好き青年。 アイアン・メイデン、ハロウィン、ジューダス・プリースト、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、レインボー・・・

 第三期:ジャズ・ヒュージョン。 ジョンスコフィールドバンドのライブアルバムと、ビルエヴァンスのポートレイトインジャズから、一気にはまり込む。 影響を与えたのは、もちろん、ヨンホ先輩とトニー先輩。 一番のお気に入りは、マイルス・デイビスバンド。

 第四期:いわゆる、オルタナティヴ系。 ビョーク、椎名林檎、レディオヘッド、スマッシングパンプキンズなど。 きっかけは、ビョーク主演の映画、「ダンサーインザダーク」。

 現在 :雑聴。 グルーヴがよければ、何でも聞く。 どのジャンルがいいとか悪いとか、何も思わなくなった。 ジャンルなど関係なしに、良いものは良いと思えるようになる。 デスメタルだけは、いまだに無理・・・
 ちなみに、全期間を通して聞いてきたのはクラシック。 


 上記のアルバム、ハードロックにはまった事がある人間なら、見たことがあると思う。
 テクニシャン軍団のハードロックバンド、MR.BIGの3rdアルバム、bump aheadである。 久しぶりに聞いてみた。
 
1.Colorado Bulldog
2.Price You Gotta Pay
3.Promise Her the Moon
4.What's It Gonna Be
5.Wild World
6.Mr. Gone
7.Whole World's Gonna Know
8.Nothing But Love
9.Temperamental
10.Ain't Seen Love Like That
11.Mr. Big

 やっぱり、このバンドは、すごいバンドだったと思う。 特に、演奏技術は、本当に高い。 
 ギターのポール・ギルバート、ベースのビリー・シーン、ドラムのパット・トーピーは、バンドの解散後も、それぞれ、ギターマガジン、ベースマガジン、ドラムマガジンで特集記事が組まれている。 ロックのミュージシャンで、バンドをせずにこういった雑誌に取り上げられるのは、結構珍しいことだと思う。

 ギターとベースの超高速ユニゾン演奏が聴けるのは、多分、このバンドだけ。 1番のコロラドブルドッグとかは、聞いていて、遊園地のジェットコースターに乗っている気分になる。 ギターとベースのソロを是非お聞きあれ。

 個人的に一番好きなのは、9番のテンパラメンタルという曲。 ドラムパターンが、歌のために計算しつくされていて、すばらしい。パット・トーピーの曲に対するアプローチは、かなり斬新なものが多く、聞いていて楽しくなる。 
 この曲のドラムパターンを昔2ヶ月かけて練習した。 この曲をマスターしたら、手足4本を別々に動かすのが容易になった。

 さすがに、昔のように毎日聞いていたら気持ち悪くなると思うが、たまに聞くのはいいものだな、と感じた。 

 ああ、バンドしたい。 けど、当分、無理かな…
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
今日は朝から本漬けの日wwまず起きてメールチェックしたら注文してた数学の本配送とのことこれで数学注文した分はすべて そのあと昨日のNEW PONTA BOXを返しにTSUTAYAへそのときにテストで本読めなかった分立ち読みwんで土日のいつものパターンTSUTAYA→
2005/06/11(土) 22:26:08 | ■■■ハルの日記【毎日更新】■■■
Jazz-Piano-Piano Trio : ★★★★★ You Must Believe in Spring 破滅的な美の表現 ビル・エヴァンスのピアノトリオにより1977年8月、ハリウッドのキャピトル・スタジオにて録音され、1980年のビル・エヴァンスの死後1981年に発表されたアルバム。
2005/12/28(水) 22:52:39 | 楽しい音楽を聴く♪
ビル・エヴァンス (Bill Evans)ジャズ ピアニスト 作編曲家ビル・エヴァンス(1929~1980)は米ニュージャージー州の プレインフィールドで生まれた。ビル・エヴァンスは6才の時 からピアノ、ヴァイオリン、フルートを学び、15才になると サウス・イースタン・ルイジアナ・
2005/12/29(木) 22:46:02 | 楽しい音楽を聴く♪
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。