Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
21世紀の国富論。
21世紀の国富論21世紀の国富論
(2007/06/21)
原 丈人

著者の主宰するアライアンス・フォーラムにいらっしゃる方がとてもいい人だったので、つられてこの本も読んでみました。

資本市場のあるべきすがた、ベンチャーキャピタリストの持つべき姿勢、新しい技術への展望、国のあるべき姿、などが語られています。

2007年にも現在のアメリカ型の資本主義に対する批判を著した本はたくさんありましたが、これら批判に説得力がある一因は、著者本人がアメリカで長い間ベンチャーキャピタリストとして活躍してきたことなのではないかと思います。企業価値を決めるのは本業のビジネスそのものだ、というのは当たり前のこと(ファイナンス理論的にも当たり前のこと)なのですが、これを誤解していた人は多いのかもしれません。

著者の言うことの中でもっとも感銘を受けたのは、ベンチャーキャピタリストは、ビジョンに投資するのだ、ということ。ベンチャー企業が財務的に弱いのは当たり前で、人材も設備もそろっていないのも当たり前。重要なのは、企業家たちのビジョンであり、そのビジョンを信じてリスクをとって投資をしてこそ、ベンチャーキャピタルである、という著者の主張には、心動かされるものがあります。


僕も将来は、世の中にとって本当に意味のある、事業と組織を作れる人間になりたいな、と改めて強く思いました。




Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。