Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
15歳からのファイナンス理論入門。
そういえば、自分の本について、ブログ上で特に詳しく説明していませんでした。



本書は、タイトルにもあるように、中学生でも理解できることを目指したファイナンス理論の本です。
元々は小中学生のための本を目指していたのですが、学校の先生のコメントを受けて、中学生のため本にしました。

執筆以前から、中学生でも理論の根本は理解できるはずで、その理解はよりよい人生に役立つという予想がありました。執筆の途中、多くの方々から原稿へのコメントを頂くにつれ、その予想は確信へと変わりました。
僕のやるべきことは、理論をなるべく正確に、分かりやすく、かつ楽しく伝えること、そして、ファイナンス理論の応用可能性の幅広さを知ってもらうことにありました。

決してただ簡単な本を目指したわけではなく、大学院で学ぶことができた、より深い学びも本書に込めています。ある程度理論を分かっている人にとっても、新しい発見がある本であることを願っています。


書くこと、というのはその人の人格の発露であると思っています。敢えて自分自身を「シン先生」としてこの本に登場させたのも、自分の出すメッセージについて逃げ道を作らないためでした。


僭越だと知りながらも目指したのは、30年以上経っても読み継がれる本です。
だから、例として用いる題材は古典文学や歴史的人物の話題に絞っていて、なるべく現在進行形の話題については避けるように努めました。(唯一、現在進行形の問題として取り扱っているのは、貧困の問題だけです)

ファイナンス理論の入門書は多いものの、古典や故事成語それ以外の多くの例を取り入れている、という点で、類書は世の中にはないと思っています。今まで雑多な知識を習得してきた、僕の競争優位を活かせていたら、と思います。


感想はぜひ教えてください。(taejun.shin@gmail.com) 次の本に活かそうと思います。
また、もし本書の内容がよかったら周りの人にも薦めてみてください。





Comment
≪この記事へのコメント≫
こんにちは。
Do you remember me?なかんじですが・・・
数日前、笑顔(というか顔そのもの)が手順氏にソックリな小学生を見かけたので、久しぶりにのぞいてみました。

出版おめでとう!!
まだ読んでませんが・・・いつか感想を送りたいと思います。。話が通じなかったらどうしましょ。

あの小学生みたいに明るい笑顔で元気に過ごしてね~^^♪
(多分、2年生くらい。イタズラっぽい元気なかんじの子だったよ)
2009/04/26(日) 15:19:20 | URL | ぽんじゅ #-[ 編集]
どうもご無沙汰してます。
みんな楽しく読めているみたいなので、感想ぜひ送ってくださいね^^。
2009/04/27(月) 00:08:15 | URL | Taejun #-[ 編集]
・イケメンだ

・高学歴だ

・高収入だと想定されかつ社会的に名誉ある外資系証券マンだ

・身体的にタフマッチョだ(トライアスロン・格闘技)

・本出すくらい頭がいい


・おまけにユーモアのセンスまである

・かわいい彼女がいるらしい


うおぅ!こ、この人になにか弱点はないのかっ!!

う、うちの奥さんなんか、てじゅんさんのプロフィールみて、ちらりと三浦をみて、そのあまりの格差にため息つきながら首ふりながら本を三浦に返してくれました…

ああっ!う、羨ましくなんかっ!く、悔しくなんかっ!うわ~ん!!(脱兎)
2009/04/27(月) 02:47:13 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
なんですか、、それは。^^;;
まず、社会的な名誉はちょっと違いますし、基本的に病弱ですし、頭も微妙です。 某フォーラムでは、ギャグが滑って実行委員に殺されそうになりました。。

2009/04/28(火) 01:56:59 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
愛知県立の愛知県図書館はなかなか頑張っているとは思うが、 モノづくり王国だからか否か理系の蔵書と比べると文系の蔵書は見劣りがする。 特に社会科学の専門書で読みたいものが見つからない。 開架の蔵書が入門ものばかりで、しかも古い。 もう入っただろうと思い...
2009/08/11(火) 00:08:28 | 明日は明日のホラを吹く-Tomorrow, I'll give you another big talk-
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。