Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
印税の使い道&書評ブログの紹介。
15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?
(2009/04/17)
慎 泰俊



この本の印税の半分は日本での貧困削減のために(Teach for Americaのようなものを作りたいと思っています)、もう半分は親兄弟&僕を囲碁の道場に送ってくれた親戚の伯母さんで分けて使います。会社勤めで給料をもらっている身なので、分相応にありたいと思っています。

本の紹介をいくつかのブログ記事で頂いています。有難うございます。下にまとめます。(褒めごろしになっていますが、内容についての批判的な記事が載っても掲載します。)



プラチナ・デイズ blog

同じ大学院の卒業生には

今をときめく勝間和代さんがいらっしゃいますが

私自身は慎君も

いつか世に出る人と思っているので

この本の誕生を我がことのように喜んでいます。

大人から子どもまで

金融・経済を学んでみたいと思われる方には

おススメの一冊!





ちょーちょーちょーいい感じBLOG

この本が秀逸さはすでに副題に表れていますが、ファイナンス理論でのリスク分散という概念を、桃太郎に置き換えてしまうことです。「桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?」と聞かれて、50人中49人が「リスク分散」と答えることができても、リスク分散の概念を説明せよと言われて、桃太郎を思い浮かべることができる人は50人中1人ではないでしょうか。

本の中身は、終始このような形で進んで行きます。ファイナンスの「理論」をこういう形で実感として学んでいくのです。ファイナンスと聞くと数式を思い浮かべるわけですが、タイトルにも「ファイナンス理論」と書いてあるとおり、理論や概念を体得しましょう、というのが主眼に置かれています。よくよく考えると、こういう本ってなかったですよね。ファイナンスは数式と思いがちですが、もちろん数式も非常に重要なのですが、その前に世界観というか、前提というか、そう、理論的な枠組みを理解してしまえば、その後に数式を学ぶとすっと体得できるんですよね。






美しきもの

私が中学生の時に出会えたらどんなによかっただろうと思える本です。人と同じことをすることに固執していた「ベータ高」の自分の生き方が変っていたかも。いや、今からでも軌道修正きくかしら(笑)?ともあれ、ファイナンス理論のエッセンスがわかりやすく&かみくだいて説明されているだけでなく、「なぜファイナンス理論を学ぶべきなのか」ということについての意義が明確に示されているところが素晴らしい。人生の哲学に通ずる良書だと思います。






経済理論とWarmな金融実務のあいだ

読んでみるとわかりますが、ファイナンスの原理原則をここまでわかりやすく、また日常に落とし込んで説明した本はおそらくないものと思われます。その他、ドストエフスキーやゲーテ、中国の古典などの様々な場面を引用し、それらの場面にファイナンスの原理原則を当てはめて解説しています。またさらに発展し、株式会社の仕組みや政治の仕組み、保険の仕組みも上記の3つの原則から解説しています。そして、ファイナンスを学ぶことで「不確かさ」との付き合い方を学び、人生で何か挑戦するときに役立て欲しいと結びで書かれています。






蒼氓 -Soubou-

友人が本を出しました。
本屋でバリバリ平積みになってます。

この本を含め、幾つもの夢を着実に実現しつつ
あるのは本当に素晴らしい。

Blogを御覧の皆さんも、本屋で目にされたら
手にとってみてください。






これは★鯉ではない

ファイナンス理論を、これだけわかりやすく、普遍的なものとして伝えることができるのは、この人だからこそできることだと思います。

市場原理主義がいけないんだ、とか、あいまいだけれども、人の感情にはとても訴えやすい世界観で世界を捉えることに慣れてしまっている人たちにはとてもいいと思います。






やさしく、きれいに、かしこくなろう!!! -Wooki's Blog-

 内容としては、「ファイナンスってなんぞや?」レベルの私でも十分理解できる内容だったと記憶しています。さすが、中学生を読者の対象に定めているだけあると思います。

 「桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?」という副題も魅力的で良いですね。

 また、Taejunさんご自身がそうおっしゃっていますが、話のところどころに古典文学や歴史的人物のエピソードを挿入しているところが、この本の最大の魅力だと思います。この本はTaejunさんにしか書けないなと、ドラフトを読みながらそう感じた記憶があります。






Comment
≪この記事へのコメント≫
読みましたー
紹介文も立派ですね…パクっちゃだめかな…(?)

なんというか、そのまま国富論に入ってしまっている三浦介です。圧倒されています。

囲碁は始めようとしたのですが、打つ相手がいなくてだいぶ前に挫折しています…でも今でも好きです!性格悪いゲームですよねぇ。あれは。
2009/05/05(火) 19:03:19 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
三浦介さん

有難うございました!
率直な感想を書いてくれたら有り難いです!

国富論、いいですよね!

2009/05/05(火) 23:26:45 | URL | Taejun #-[ 編集]
感想…率直には…三浦の頭脳は15才以下なのか、難しかったです…(ごめんなさい他の本の話などして…)特に放課後は呆然とした感じでしたが…

とりあえず、いわゆるファイナンスというか金融取引にはやはり一生手を出すべきではないなと思いました。そう、三浦も確かに不確かさを嫌う傾向ズバリです。

あ、そうです。時間の経過が計算に入るのは新鮮でした。朝三暮四のエピソードで、シン先生が猿に共感していたことには大いに唸ったこともあります。

ベータの低さ…このあたりは少し時間をかけて考えてみたいと思いました。しかし、本当に参考になる人生のヒントになるような気もします。リスクは分けて考えて処理・対応をするべきという思考が可能になったと思います。

まとまりません。失礼しました。
2009/05/08(金) 02:55:11 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
三浦介さん

有難うございました。
難しかったのですね・・・ 
国富論を読んでいる三浦介さんにとって難しいということは、私の書く力の不足によるものだと思います。 今度書くときには、もっと書きやすいものを目指します。
2009/05/09(土) 01:10:08 | URL | Taejun #-[ 編集]
ピクルVSジャック・ハンマーとか…
いえ、全く個人的に数学がすごい苦手なんです。グラフとか。
これは性格・嗜好の問題ではないかと思います。

そして、とっても楽しい本でしたよ!!(なにか慌ている三浦介)

ああ、どう言ったらいいんでしょう?ええと、世辞でもなんでもないんです。本当に素敵な本をありがとうございました。この本の筆者とネット上ででも知り合いであることに三浦はとても嬉しかったです。たまたま三浦介には併読の癖と、あらゆる本をマンガから専門書から平等に受けとめる癖があるのです。そして、言葉の綾ですが、難しいところがあったというのは国富論もナニワ~もおんなじでした。そしてみんな三浦の好きな本なのです。嫌いな本はなかなか読み進みません…

どう言えばいいのかわからないのですが、改めて素敵な本をありがとうございました。
2009/05/09(土) 02:55:00 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
有難うございました。そうなのですね。
またこれからもよろしくです!
2009/05/09(土) 16:15:55 | URL | Taejun #-[ 編集]
15歳からのファイナンス理論入門を読んで
このブログに辿り着きました。

書籍の感想ですが、50歳が読んでもいい書籍ですよ(私はそこまでいってませんが)。

いろんな初心者向けのファイナンス書籍を読みましたけど、今までの中で、CAPMの公式理解がいちばん浸透しました、頭でなく、実感で理解できたのです!

2009/05/12(火) 08:41:41 | URL | オッキー #qElNuDpM[ 編集]
おっきーさん、コメント有難うございました!
そう言っていただけると嬉しいです。何十人にヒアリングして分かりやすさを追求した甲斐があります。

ぜひ周りの方にもお勧めしてみてください。 
2009/05/13(水) 00:54:15 | URL | Taejun #-[ 編集]
おめでとう!!
時間空いたら読んでみるね(^-^)

みかの頭が15歳以下か以上か、異常か?
分かってしまうんだね。。。
2009/05/21(木) 12:11:15 | URL | mika #-[ 編集]
やっほー、有難う!
絶対読めるから。 またひのさんと食事しにいこーねー。
2009/05/22(金) 00:23:16 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。