Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
13年越しの邂逅。
先日、13年ぶりに友人Kに会いました。

Kと知り合ったのは囲碁の道場、緑星囲碁学園。山下敬吾棋聖をはじめ、多くのプロを輩出している囲碁の学校です。彼は僕の2つ下でしたが、いちばんよくつるんでいた友達でした。

僕は中学三年で囲碁をやめ、高校サッカーに打ち込んだのですが、Kは高校には行かず、囲碁のプロになりました。

僕の父親はよく、囲碁のプロになるのは東大医学部に入るよりもはるかに難しい、と話していました。というのも、年間で囲碁のプロになれるのは5人くらい。囲碁の競技人口を考えると、この倍率はとんでもないわけです。そんなプロに、Kのみならず学園にいた当時の友人たちの半分以上がなっています。みんな、相当な努力をしたのだろうなあ、と思うことしきり。


そんなKの消息を知ったのはインターネットを通じてでした。囲碁のプロの名前はネットで検索すれば出て来るので、そこから連絡先を知り、会おう、ということになったのでした。

二人ともあまり人相が変わらないね、とお互い笑い、13年ぶりの会話を楽しみました。僕とKは悪友で、よく学園が終わった後に歩いて新宿まで行き(そのために歌舞伎町を経由して)ゲームセンターに行って遊んだり、それ以外にも色々なことをしていたものでした。あの頃は、本当にボンクラ学生だったので、Kからは、「てじゅんくん、顔は変わらないけれど、中身は変わったねー」と言われる始末。


ウェブ時代に感謝せずにはいられないことの一つは、人と人とのつながりを強くしてくれたことにあるのではないか、と感じています。ゆがんだ社会関係を助長することもあるかもしれませんが、全ては心次第。

今度、緑星学園に一緒に行く約束をしました。菊池先生をはじめとした懐かしい人々にお会いできるのが楽しみです。

Comment
≪この記事へのコメント≫
いいなぁ…
あの…もしよかったら今度メール碁を打っていただけないでしょうか…だいたい一日一手くらいのペースでとか…

初心者のままにもう数年打ってない感じで全く相手にならないと思いますが、19路に三子でも九子でも置かせていただき教えていただく感じで…

よろしければご一考お願いします。
2009/05/10(日) 18:24:09 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
ネット対局とか出来るんですよね。それでやりませんか。せっかちな僕には、一日一手は少し・・・

2009/05/10(日) 23:33:26 | URL | Taejun #-[ 編集]
では諦めます…ネット対局は難しい環境なので…

重ねて失礼しました。
2009/05/11(月) 02:49:14 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
すみません。。今度お会いした時にぜひ。
2009/05/12(火) 01:51:05 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。