Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
我を離れる
今日流れている(はず)のBook Loversでは、吉川栄治の宮本武蔵の紹介をしています(結局生では何も聞けないまま、一週間が終わりそうです)。

収録中に「周りからの雑音を無視しつつも、それでいて感受性を忘れないでいる、というバランスを持ち続けるためにはどうすればいいのでしょうか」、という質問を勝間さんから受けました。さすが勝間さん、かなりするどい突っ込みです。

僕が答えたのは、我を離れること。

単なる誹謗中傷と感謝すべき批判を分けられるかどうかは、自意識をどの程度まで脱却できるかにかかっている気がします。自分のプライドとか見栄とか、そういうものを捨て去ることができるのなら、多くの批判は感謝すべきものとして受け入れられるようになる気がします。同時に、何のいわれもない単なる誹謗中傷に対しては、あまり気にかけなくなれると思います。

この心境に至れるかどうかは、日ごろに訓練と志に多くを依っている気がします。僕は人一倍自意識の強い人間だと認識していますが、少しずつ我を離れられればと思っています。



Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/29(金) 16:54:14 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/30(土) 03:24:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。