Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
日経マネーに書評が載るらしいです
拙著、15歳からのファイナンス理論入門が、明日21日発売の日経マネー9月号の書評に掲載されるそうです。


我々も、読者へ向け分かりやすい切り口を常々模索しておりますが、まさに貴書が、目からウロコの内容でしたので、7月21日発売の日経マネー9月号の書評で、取り上げさせていただきました。



とのこと。
少しずついろんな人に読み継がれていけばと思っているので、すごくうれしいです。地道に拙著の宣伝をしてくれている方々にも感謝の毎日です。


可能な限り平易に書きましたが、決してうすっぺらな内容は目指していません。特に、CAPMという素晴らしいファイナンスの中核理論のバックグラウンドとなる考え方については、相当に苦心して書いたつもりです。

全ての理論において同じだと思いますが、一番大切なのは、コンセプトの理解なのだと思っています。チューターとして早稲田の大学院生に勉強を教えながら、このコンセプトの理解の重要性を改めて感じる次第です。


そういう本を今度も書ければと思っています。地道に、妥協せず。


(第一刷への誤植のコメントありがとうございます。次の刷の際に修正します。)


Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめてコメントさせていただきます。
「15歳からのファイナンス理論入門」読ませていただきました!!

ファイナンスについてまったく知識がなかったのですが、本当に身近な観点から書かれていて、おもしろく読ませていただきました。

ファイナンスの理論は難しそうに思えますが、実はすごく身近で、これから多くの人が自分で自分のお金の運用を積極的に考えるようになると、ますます生きていくのに欠かせない知識、というよりは考え方というか知恵、なのかなとも思いました。そしてその知恵はシンプルで自分で考えて生きていくのを手助けしてくれるものなのですね。

秦さんの他のブログ記事でのアメリカのカード破産の映像を見せていただいたときに一番感じたのは、そういった知恵を多くの人々が持っていないことを条件とした経済社会がアメリカにできているのでは?ということでした。

アメリカ社会の中でこういったファイナンスの教育をしていくことは大切ではあるかもしれないけれど、これまで通りの経済の仕組みを回すためには必要ではないと考える人が多いのかもしれませんね。

日本で若者のビール離れが進むなど自分の好みのものにこだわった消費をする世代が出てくるとこれまでとは違った経済戦略が必要になってくると聞いたことがあります。

これから消費者が賢くお金を使うようになる、自分の身の丈に合う消費を考えるようになったアメリカの社会は経済的に成り立つのでしょうか?
それともこの大きな問題を見て見ぬふりをしたまま、アメリカの多くの人がクレジットで消費をして世界経済をけん引していく経済社会が継続していくのでしょうか?(私は限界がある気がします)

秦さんはどのようにお考えですか???
2009/07/21(火) 22:01:32 | URL | Liu #-[ 編集]
Re: タイトルなし
liuさん

はじめまして。コメント有難うございました。
専門家の方からよくかけていると言われるのもうれしいのですが、一番うれしいのは、私の身の回りにいる、普段はファイナンス理論にあまり触れない人から面白くてためになるといわれる時です。感謝します。

アメリカの消費水準の高さは、あのビデオで指摘されていたような奇異な側面もありつつも、文化的な要因にも影響を受けていそうなので、長期的に見ても、日本よりは高い消費性向が維持されるのではないでしょうか。 
2009/07/22(水) 03:08:55 | URL | Taejun #-[ 編集]
今日読み終えました。人びとがよりよく生きるためにこそ学問を修めるべきなんだと思いました。残りの大学生活を大切にします。
2009/07/23(木) 21:09:29 | URL | 敬柱 #-[ 編集]
敬柱、ありがとう!
内容が良かったのなら、周りの人にも薦めてみてください。
2009/07/24(金) 06:53:52 | URL | Taejun #-[ 編集]
秦さん

コメントありがとうございます。
そういえばアメリカと日本や他の国ではクレジットカードの使用頻度も随分と違いますよね。

アリスちゃんが帰国する前に同じメンバーが登場する内容の本をまた書いてください。
2009/07/24(金) 20:42:00 | URL | Liu #-[ 編集]
Re: タイトルなし
また機会があれば書きますね。
ちなみに、僕の苗字は慎です。。
2009/07/29(水) 01:53:47 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。